FC2ブログ

南アフリカ恐るべし(笑)


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



今回もストーンズネタです。




1973年にリリースされた名作「山羊の頭のスープ」




goats-head-soup-600x600_R.jpg
ザ・ローリング・ストーンズ/山羊の頭のスープ




小生このアルバムが大好きで、以前にも書きましたが、とても思い入れがあります。



どの位好きか?といえば、ストーンズのアルバムで1番好きなのは、その日の気分で変わりますから決められませんが…。結構な確率で1位を取ってしまう位大好きなんです。




その大好きな「山羊の頭のスープ」のB面ラストに収められている「スター・スター」は、元々「スター・ファッカー」という曲名だったのをアトランティックからのクレームで曲名変更した事は、ウィキペディアに書いてあるくらい知られて事だと思います。(でも変わったのは曲名だけで、曲中のサビではミックが「スター・ファッカー」を連呼しているので余り意味無いのでは無いのかな?と思いますけど…)




もちろんウィキに書いてあるように「スター・ファッカー」と歌っている部分が聞き取りにくく加工された、所謂「検閲(センサード)ヴァージョン」の存在は知っていました。でも小生このアルバムはUKオリジナル初盤と、EMI国内盤しか所有していないので、US盤に収録されている「スター・ファッカー(検閲ヴァージョン)」は未聴だったんです。




と、いう訳でUS盤を探して買っても良いのですが、他に欲しいレコード目白押しなので取り合えずyoutubeで探してみようと思い検索してみたのですが、(探し方が悪いのか)US検閲バージョンは見つけられませんでした。




んで、代わりに見つかったのが、こちらです。





The Rolling Stones/Star Star South African censored version.




ぶっ飛びました。




こんな雑な編集ストーンズが許可したのでしょうか?




本当に南アフリカ盤には、この検閲ヴァージョンが収録されているのでしょうか?




南アフリカ恐るべし。





南アフリカ盤欲しくなっちゃいました(笑)





ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

レコジャケ遊び!「チャリ―!あぶないっすょ」


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。






久しぶりに【レコードジャケットの外側の景色を、勝手に作っちゃうシリーズ】です。




元ネタはこちら。






getyayayasout_R.jpg
ザ・ローリング・ストーンズ/ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト




ストーンズ・ファンの中には、このアルバムをストーンズのライブ盤のベストとする人も多い、名作ライブ・アルバムですね。



ジャケットはハイテンションなチャーリー・ワッツ+楽器を背負ったロバ!という、およそライブ・アルバムらしからぬデザインですけど(笑)






そんな名作のジャケットの外側を、勝手に作成してみました。







それでは完成品をご覧ください。






ジャン!




getyayayasout_gousei2_R.png





如何でしょうか?






主役をレコジャケ以外の物に奪われていますが…。




それは毎度の事なので、何卒ご容赦下さい。




ネタ切れ感満載の「レコジャケ遊び」ですが…




また新しい作品が出来ましたら、アップさせて頂きます。




拙い作品をご覧頂き、ありがとうございました。










ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

食いジャケ!ダイエットに最適編


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



猫の写真やイラストを使ったレコードジャケットは「猫ジャケ」、
では食べ物を使ったジャケットは「食いジャケ」?

食いジャケの定義=同じ食べ物でも、素材を使った物(果物とか野菜を、そのまま使った物)は有りがちですが、調理された料理を使ったジャケットはあまりみかけない。①調理された食品である事。②ジャケットには食品のみが写っている事。以上を当ブログに掲載する食いジャケの定義としています。(今後例外もあるかも知れませんが…。)





昨年の6月以来の「食いジャケ」です。もうネタ切れで無理かと思っていたのですが、レコード業界は広いし奥が深い、また「食いジャケ」に出会う事が出来ました。




今回は明らかに食欲を削ぐような食べ物を使ったレコード・ジャケットが見つかりましたので「ダイエット中に美味しそうな食べ物は目に毒」「ダイエット中なら、食欲が減退するレコジャケの、この盤を聞け!」という事で【食いジャケ!ダイエットに最適編】スタートです。






まずはこちらのレコジャケです。




VomitLunchs_R.jpg
Vomit Lunchs/Violent Clash Between Killer Bastards Of Eardot Remix




見ているだけで胸がヤケそうなレコジャケです。ブログ主は甘い物も平気で食べる男なので、気が向くと木村屋総本店のアンドーナツ5個入りを買って来て一気食いしたりする事もあるのですが、それでもこのレコジャケのドーナツは無理です(笑)なにせグループ名(ユニット名?)がVomit Lunchs(嘔吐昼飯)ですからね。確信犯なんでしょうね。




因みにこの盤に限りませんが、今回ご紹介する「食いジャケ」は全盤未入手ですので、内容を云々は出来ません。何卒ご了承下さい。





続いては、こちらの作品。






ANIMALCOLLECTIVE_STRAWBERRYJAM_R.jpg
ANIMAL COLLECTIVE/STRAWBERRY JAM




このレコジャケも明らかに、不味そうに撮った写真を使っていますね。良く見ないと何だか分かりません。食べ物を”おいしそうに見える”ように演出するフード・スタイリストという職業があるようでうが、今回の場合はその逆ですね。需要は少なそうなので、職業としては成り立たないのかも知れませんが…。









最後はこちらの盤です。







BLUR_SUNDAYSUNDAY_R.jpg
BLUR / SUNDAY SUNDAY




上記2枚には及びませんが、このジャケのハンバーガーにも悪意を感じます。美味しそうには見えないですよね?でもこの位ならダイエット中の空腹時ならいけちゃいますかね??





 
以上【食いジャケ!ダイエットに最適編】と題して、3枚のアルバムを紹介させて頂きました。




最後までご覧頂きありがとうございました。






【食いジャケ!】シリーズは、またネタが見つかれば続けたいと思います。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

ぶっとびジャケット14


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





今回の【ぶっとびジャケット】は、ネットでソウル系のブツを漁っていて出会いました。




先ずはご覧下さい。




loveship1.jpg
LOVESHIP / LOVESHIP




如何でしょうか(笑)


初めて見た時は、絶句してしまいました。


どうも宇宙船というか、宇宙的なイメージを表現したいようなのですが…


まず衣装が凄過ぎます!


今時こんなの着ているのは、タケモト・ピアノのダンサーの人くらいでしょう!

takemotopiano.jpg






更に凄いのは、人物奥の機械類?を表現したと思われる部分です!






拡大してみました。




loveship3_R.jpg





「最初は手書きか?」と思ったのですが(笑)流石にそうでは無いようです。



でもどう見ても、型抜きされたペラペラの銀色の紙にしか見えません。



地方局で放送されたコント?






しかしこのレコード、ジャケットに似ず、内容は正統派なソウル・ヴォーカル・グループモノみたいです。



結構なレア盤のようで、未入手なので多くは語れませんが…






このアルバムが発売された1982年は、産業ロック全勢の頃ですから、音楽業界は好景気に沸いていた時期でした。



そんな時でもインディで、特にブラック・ミュージック系は「本当にお金無かったんだなぁ」というのを証明しているジャケです。



しかし不利な条件に負けず、多くの黒人ミュージシャンが、小さなレーベルに素晴らしい音楽を沢山残して下さいました。



それが現在ファンク45やソウル45、ノーザン・ソウルとなっているわけですよね。



先人に感謝です。






最後に、このアルバムの裏ジャケ?またはスリーヴのようなのですが、こんな写真を見つけました。

loveship2.jpg



なんか、もうこっちが表ジャケットで良くねぇっすか??






それはお後がよろしいようで(笑)



最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

新譜を続けて購入しました!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




1月9日に9月に予約しておいた、THE YELLOW MONKEYのシングル盤(新譜)が届いた事は前のエントリーで書かせて頂きましたが…




なんと1月中に、また新譜を購入してしまいました!




完全に旧譜偏重でレコードを購入していますから、新譜を月に2枚も購入するなんて、いつ以来であるか覚えていないくらい久しぶりです。




ブログに書いちゃう位珍しい連続新譜購入ですが、今回購入したのはこのブツです。






lillimae1_R.jpg
Lillie Mae/Forever and Then Some

※このレコードの発売は2017年4月なので、正確には新譜とは言えないかもしれませんが、最近のブログ主の感覚で言うと、もう完全に新譜の範疇なので今回は新譜と呼ばせて頂きます(笑)






リリー・メイ女史は、日本ではあまり知名度が高いとは言えないかも知れませんが、ジャック・ホワイトのバンドでフィドルとかを弾いていた女性なので、ジャック関係の記事や写真で見た事ある人はいらっしゃるのでは無いでしょうか?




因みにジャックのバンドでは、こんな感じでした。






Bp00e5PCYAEqbFy_R.jpg




日本で知名度が高く無いと書きましたが、ブログ主もリリー・メイ女史を知ったのはつい最近です。きっかけはサードマン・レコードのサイトを見ていて、彼女の出しているシングル盤のジャケットに魅かれて…。






lilliemae45_R.jpg
Lillie Mae/Over the Hill and Through the Woods
※ブログ主が、リリー・メイ女史を知る切っ掛けとなったシングル盤です。




「このジャケの写真凄く良いなぁ」と思って色々探っていて行ったら、アルバムを出している事をが解ったので迷わず購入した次第です。






このアルバム、モヒカン女性の顔のアップのモノクロ写真がインパクト有りのジャケットですが、内容は王道カントリー・ポップという感じで、すごく聞きやすい盤で…




万人にお薦めできるアルバムでした。






彼女はまだ若いようですが、芸歴は長いみたいです。




音楽業界は不況と言われて久しいですが、そんな中でも彼女のような才能が隠れていたんですね。




アメリカの音楽業界の、懐の深さを感じずにはいられません。




サードマン・レコードは、不況で益々保守化が進む大手レコード会社が興味を持たないようなリリー・メイ女史のような人をドンドン世の中に出してくれるようなので、今後も期待大です。




次の新譜の購入も、サードマン・レコードの可能性が高い気がします。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR