FC2ブログ

家系はラーメンだけにあらず。


ジャケットに家(建物)がメインで写っているレコードジャケットを集めてみました。名付けて「レコード家系」。

TheSoulChildren-Genesis_zps716769d5_R.jpg
ソウル・チルドレン/ジェネシス
※アトランティックと切れた以降のスタックスの屈指の名盤。歌唱も演奏も録音も最高です。しかしこのジャケット。「空き家で取り合えず撮影しちゃいましょう。」みたいな感じだったのでしょうか?何でこんな引いた絵を使ったのかわかりません?メンバーの顔も判別不可能です。当時から「スタックスはジャケットが今一つだ!」と言われていたらしいのですが、分かるような気がします。この家も今は無いんでしょうね。残っていたら凄いですが、何せ約40年前の作品ですからね。

house_of_blues_R.jpg
ジョンリー・フッカー/ハウス・オブ・ザ・ブルース
※リマスターされてボートラ入りもあり。ジョンリーの歌唱とギターとストンプを中心のシンプルな演奏ですが、隠れたブルースの名盤としてお薦めします。ジャケットの写真の家もちょっと変わった作りで良い感じです。ルイジアナあたりの家で湿気除けのために床を浮かしているのかもしれません。

115114441_R.jpg
レッド・ツェッペリン/フィジカル・グラフィティ
※発売40周年記念のデラックス盤あり。言わずと知れた超有名盤!なので内容には触れません。ジャケットの建物は、実在のビルの写真をデザイナ―が切り貼りして作ったらしいのですが、元になった建物は今でも健在のようです。ここまで有名になると取り壊しは出来ないでしょうね。ニューヨーク市には是非、このビルを文化財に指定して保護してもらいたいものです。怖いのは建物の耐久年数ですから…。

ringostarr_R.jpg
リンゴ・スター/センチメンタル・ジャーニー
※内容はいわゆるスタンダード・ナンバーのカヴァー集です。ジャケットの建物はあきらかに傾いて見えるんですけど、現在も建っているんでしょうか?因みに今はダウンロード販売のみみたいです。

paulsboutique_1406487011_R.jpg
ビースティ・ボーイズ/Paul's Boutique
※まだサンプリングが使い放題だった時期のヒップ・ホップの名盤です。細かい事を気にする必要が無かった時期なので勢いが違いますね。もうこんな作品は作られる事は無いんでしょう。(著作権的に経費がかかり過ぎて無理??)ジャケットに写っているポールズ・ブティックの店舗は今は無いようですが、ビルは残っているみたいなので、これからも観光名所となり続けるのではないでしょうか?

ep4_R.jpg
EP-4/昭和大赦-リンガ・フランカ1
※唯一の邦楽。内容はアバンギャルド・ヘビー・ファンク。ジャケットは発売当時から話題になりましたが、1980年に息子が両親を金属バットで殴打して殺害してしまった事件が起きた家の写真が使われています。この家はまだ残っているんでしょうか?流石に取り壊されたと思いますが…。


前回アップした「レコードジャケットになった風景」を書いた時にも思ったのですが、洋楽に比べて邦楽は町の風景等をジャケットに使った物が少ないように感じました。あっても海外での撮影であったり、背景がぼかしたものばかり。街の風景はどんどん変わって行くし、建物も建て替えられて行きます。不況が続く上に、パッケージ盤での発売がどんどん少なくなって行くだろうと思われる音楽業界ですが、今後ジャケットに日本の風景や建物を残してくれるような作品の登場を望みます。そして日本の風景写真を使ったジャケット、はちみつぱいの「センチメンタル通り」とかエレカシの「東京の空」等が、ずっと発売され続けますように。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR