FC2ブログ

2014年、アメリカで最も売れたアナログ・レコード

2014年、アメリカで最も売れたアナログ・レコードのトップ5が発表になったそうです。順位は以下の通り

1位:ジャック・ホワイト『ラザレット』(年間トータル売上枚数75,000枚)
BkL0WrjCcAAbxc_R.jpg

2位:アークティック・モンキーズ『AM』(同40,600枚)
61emLqdQ8QLSL1200_R.jpg

3位:ブラック・キーズ『ターン・ブルー』(同28,300枚)
411UcrBsGILSX425_R.jpg

4位:ラナ・デル・レイ『ボーン・トゥ・ダイ』(同27,200枚)
81vUKQtA67L_R.jpg

5位:ベック『モーニング・フェイズ』(同25,200枚)
beckmorningphase_R.jpg

2014年度のアメリカのアナログ・レコードの総売り上げ枚数は790万枚で前年比49%増だそうです。CDは無くなってもアナログ・レコードは残るのではって言われていますからね。前年比49%は凄い伸びです。でもアルバム・トータル・セールスの約2%分しかないらしいですけどね。こう言う数字を聞いちゃうと何と言うか、何て言っていいか分かりませんね。アナログの拘る自分は村社会の住人なんだなぁと感じてしまいます。

とはいえまだアナログ・レコードのフォーマットで作品を発表してくれるミュージシャンがいてくれるのは嬉しい限りです。商売としてはプラスは無いんでしょうけど、それでも発売し続けるめには、最低限の売り上げをクリアしなくてはいけないはずです。今回紹介したベスト5のアナログ盤も興味のある人は是非購入して見て下さい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR