FC2ブログ

謎のガットギター


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




久しぶりに、ギターネタをアップさせて頂きます。



我が家のギターはエレキ・ギターが殆どで、所謂生ギターは2本しかありません。




普通の鉄弦のアコギが1本と、クラッシック・ギターを1本所有しています。(その他完全ソリッドのエレアコが1本ありますが…)




そのうちの1本、我が家のクラッシック・ギターについてなのですが…




確か1989年(平成元年)の事。宅録用にエレアコのクラッシック・ギターが欲しくなり、都内の某楽器屋で見かけて試奏まではしたものの、本当は完全ソリッドのクラッシック・ギターが欲しかったので買わずに帰ったのですが、その日の夜夢に出たので翌日買いに走り、無事我が家に来る事になったという代物です。




現在家弾きでは、一番手にしている時間が長いのが、このギターです。(故小川銀次さんの真似をして、普段の練習はクラッシック・ギターを使っているからなんですけどね)




メーカーは【アストリアス】で、価格は中古で当時でも2万円くらいだったので、所謂高級品ではありません。型番は【PU-C】。

asturias8_R.jpg





このギターが謎!と云うほど大げさな話では無いのですが、所謂ギター情報サイトでもオークションでも一度も見たことがありません。出来れば詳しい仕様を知りたいと思っているのですが、ネットで検索しても【PU-C】を扱ったサイトを発見する事が出来ていません。メーカーに尋ねればわかる事なのでしょうが、お忙しい手を煩わせるのも気が引けるので、なんとか自力で探し出したいと思っています。




説明が長くなってしまいましたね。とりあえず写真載せておきます。

asturias1_R.jpg
全体像




asturias2_R.jpg
ボディ裏




asturias5_R.jpg
サイド




asturias3_R.jpg
ネック



asturias4_R.jpg
ヘッド1




asturias6_R.jpg
ヘッド2
※ペグは壊れてしまったので、ゴトーのペグに交換しています。その時にツマミも黒檀の物に変えました。




asturias7_R.jpg
コントロール部分
※今時アコギに、こんなVo&Toneのノブ付いたの無いですよね(笑)ノブが金属製で重いんです。







ご覧頂いた通りごく普通のクラッシック・ギターなんですけど、あまり見ないという事は大量生産はされずに、試作品みたいな扱いだったのかも知れませんね。






以上、完全な自分のギター紹介目的な、自己満足エントリーになってしまいましたね(笑)




そんなブログを最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR