FC2ブログ

ジャパン・ヴィンテージ・ギターの写ったレコード・ジャケット


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


ヴィンテージ・ギターの世界には「ジャパン・ヴィンテージ」というカテゴリーがあります。「ジャパン・ヴィンテージ」の詳細は、wikiで参照出来るのですが…。

ジャパン・ヴィンテージwiki


ブログ主の「ジャパン・ヴィンテージ」に対する解釈は、wikiとは少し違うかも知れません。

60年代のエレキブームが終わって、所謂今でいう処のビザール・ギターは衰退しました。そして70年代になり国産のギターメーカーは、如何に外国産ギターの精巧なコピーモデルを作るか!に血道をあげるようになります。その中で大手と言われるメーカーは、独自のオリジナルモデルも発売しました。世界的には「B.C.リッチ」と「アレンビック」というスル―ネック構造を採用したメーカーが人気を得ていたため、国産メーカーのオリジナルも、スル―ネック構造採用したモデルが多かったように思います。代表的な処ではグレコのGOシリーズですね。まさに「みんなグレコで大きくなった」の時代です。ブログ主の解釈では、この時期に発売された国産ギターメーカーのオリジナル・モデルを「ジャパン・ヴィンテージ」と呼びたい。もちろん良く出来たコピー・モデルのジャパン・ヴィンテージも魅力ありますけど、とりあえず今回のエントリーでは、オリジナル・モデルに限定させて頂きました。



「ジャパン・ヴィンテージ」の全盛期に、ブログ主はギターを弾きはじめました。だから思い入れは相当あります。(でも現在では1本も所有していませんが…)




そんな思い入れの強い「ジャパン・ヴィンテージ」のギター(又はベース)が写ったレコ―ド・ジャケットを集めてみました。(前説長すぎ!ですね)







まずは文句なしに「ジャパン・ヴィンテージ」と言いきれる、70年代に発売されたギターです。




最初はこちらです。






fukusimakuniko_1st_R.jpg
福島邦子/アイム・レディ




福島邦子さんは当時ヤマハ主催のコンテスト(ポプコン)出身の人なので、ジャケでヤマハのギターを持っているのは、完全にエンドースでしょうね。【ヤマハのSC1200】当時は名うての不人気機種(笑)というイメージがあります。(私の周りで弾いており人は1人も居ませんでした。)でも今見ると良いんですよね。作り良さそうだし。思わず欲しくなる1本です。






続いてはこちら






bosanova_R.jpg
福島邦子/ボサノバ(EP)




今度はシングル盤のスリーブですが、連続で福島邦子さん登場です。只でさえ少ない「ジャパン・ヴィンテージ」の写ったレコジャケなのに、2つの作品でジャケに「ジャパン・ヴィンテージ」を使用していて下さるなんて。福島邦子さんには「ジャパン・ヴィンテージ・クィーン」の称号を送りたくなります。写っているのはヤマハのSJ500?ですかね?






次はこちらのアルバムです。






godiego_MC_R.jpg
ゴダイゴ/マジック・カプセル




嘗て大ヒット曲を連発していた頃のゴダイゴのライブ・アルバム「マジック・カプセル」です。浅野孝巳さんのGOⅢとスティーヴ・フォックスさんのGBⅡが、しっかりと写っていますね。当時はなんといっても、グレコが一番人気でした。ブログ主もGO700持ってましたし(笑)でもこのアルバムに写っているGOⅢが出る頃には、グレコ人気にも少し陰りが見えていた時期だった記憶があります。だから今中古市場で、GOⅢってレアで結構高値なんですよね。






次は王道。今でも現役バリバリの、このギターです。






takanana_suparlive_R.jpg
高中正義/スーパー・ライブ




高中正義さんといえはヤマハのSGですが、レコジャケに写っているのはこのアルバムしか探せませんでした。「ジャパン・ヴィンテージ」の中でも数少ない、今も生き残っている機種ですね。その辺りは、流石ヤマハさんといった処でしょうか。






結構必死に探したのですが、70年代に発売された「ジャパン・ヴィンテージ」が写っているレコ・ジャケは以上の4枚しか探せませんでした。※あとジューシー・フルーツの「なみだ涙のカフェテラス」にグレコのブローラーが写っていますが、ブローラーは以前のエントリーで「最期のビザール・ギター」として紹介してしまったので、今回は外させて頂きました。でもあれも紛うことなき「ジャパン・ヴィンテージ」ですけどね。








そして80年代に入ると、国産ギター界の勢力図は徐々に変わって行きます。原因はスル―ネック・ギターの衰退やフロイド・ローズの登場、フェンダー・ジャパンの設立などあると思いますが、グレコがトップを快走する時代は終わり、ESPやフェルナンデスが人気を得て来ます。その辺りに発売されたギターは、今でも現役の物が多い事もあり「ジャパン・ヴィンテージ」と呼ぶには少々抵抗があります。なので今回のエントリーでは70年代に拘ろうと思ったのですが、最後に1枚!ヤマハのSF7000という80年代の頭に出たギターが写ったアルバムがあるので、それを紹介させて頂き、今回の特集を締めたいと思います。最後はこのアルバムです。






R-9167499-1475953540-8869_R.jpg
和田アキラ/THE GUITAR






以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。











ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR