FC2ブログ

猛暑の時に、聞きたくなる音


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




猛暑が続いていますが、みなさま如何お過ごしでしょうか?

3年位前に「納涼レコジャケ」と題して、涼しそうなレコード・ジャケットを紹介させて頂いたのですが…。




今回は暑い時に聞きたくなる音楽を、主観満載でご紹介させて頂こうと思います。




しかし暑い時に聴きたくなる音と言っても「夏だ!エレキだ!テケテケだ!」は嫌いではないですが少し世代が違うし、レゲエを夏の風物詩のように扱う事には昔から抵抗があるので、レゲエも対象外とさせて頂きました。



では猛暑日が続く昨今、ブログ主がどんな音を好んで聞いているかと言いますと…。




①あまり音に温度を感じさせず②ちょっとアバンギャルドな音を、垂れ流すように…。これに尽きます。



まずは最近一番我が家のターン・テーブルに乗る事が多いのは、このアルバムです。









6576b305c490c15cce0a7bc54151235f_R.jpg
Public Image Ltd/Second Edition




ジョン・ライドンが音に拘りまくって作成しただけあって、特にベース音とか凄いのですが、ロックの持つ熱さを敢えて拒否し、起承転結の少ない楽曲を淡々と演奏していて、とても気持ち良く聞き続ける事が出来ます。エアコンの効いた部屋で、アイスコーヒーを飲みながらPIL最高です。(もちろん「メタル・ボックス」の方でも良いのですが、我が家には「Second Edition」しか無いので、今回はこちらをご紹介させて頂きました。)






続いては、こちらのアルバムです。






enoambient2_R.jpg
Harold Budd & Brian Eno/Ambient 2: The Plateaux of Mirror




イーノさん環境音楽シリーズの第2弾です。基本的にハロルド・バッドさんという人のピアノ演奏をイーノさんが編集&加工した物なのですが、緊張感が半端じゃありません。知らない人にこのアルバムを聴かせると、殆どの人が「怖い」っていいますね。ホラー映画のBGMにもなりそうな涼を呼ぶ音です。






次はこちらの盤です。






118141240_R.jpg
Jon Hassell/Dream Theory in Malaya: Fourth World Volume Two




「マラヤ」と題しているのに、蒸し暑さを感じさせないアルバムです。このアルバムに限らず、ジョン・ハッセルさんのアルバムには何度も癒されました。暑さで体力を奪われた身体に沁みます。そういえば、こちらもイーノさん絡みの作品ですね。







その他にはペンギン・カフェ・オーケストラの一連のアルバムも、猛暑が続く昨今良く聞きます。こうして見るとイーノさん関連の作品が多いですね。




「猛暑日にはブライアン・イーノを聞こう!」かな(笑)?




それでは、おあとがよろしいようで…。




最後までご覧頂き、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR