FC2ブログ

ギターの保管の話


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





我が家には、本と楽器とレコードに占領されて足の踏み場もあまり無い部屋があり、弾いて無いギターはハードケースに入れて、そこに立て掛けて保管しています。

guitar_case_R.jpg





自分の部屋には、壁にギターを2本を掛けられるようにしてあるので、良く弾くギターはそこに掛けてあります。最近はアコギが多いです。自分の部屋に掛けてあるギターのコンディションは、逐一確認出来るので心配はいりません。




問題は楽器庫にあるギターです。突然心配症が顔を出す性分なので、たまには家族に嫌な顔をされながら全てのギターを引っ張り出して来て、ネックの状態のチェックくらいはしていて、今のところ特に問題は無かったのですが…。



今年の夏、突然重度の心配症が顔を出してしまったのです。




特に心配だったのは、この娘です。

casino63_64_R.jpg
エピフォン・カジノ 1963or1964



今から10年位前カジノが欲しくなり、でも1964年以降のモデルのヘッドの形は好きになれなかったので、どうしてもこの年式のカジノが欲しくて都内を結構探し回って購入しました。



いわゆる「ファット・ヘッド」と呼ばれるモデルです。(ポール・マッカートニーや嘗てはキース・リチャーズも、この年代のカジノ弾いてましたよね。)

fat_head_R.jpg





我が家で唯一のフルアコのエレキ・ギターで、しかも製造から50年以上が経過した人間で言えば「初老」クラス!完全オリジナルでは無いのですが、リフレットはされていなので、ポジションによってはフレットがヤバい所もあり、それをダマしダマし弾いているという、とても繊細な娘さんなんです。



今までは「弾かない時は、ハード・ケースに入れて放置」で、全く問題無かったのですが、今後はもう少し保存環境をどうにかしてあげたい!という事でネットで色々探してみたところ…。



湿度調整剤という、ギター・ケースの中の湿度を調節してくれる物があるのを発見して…



購入してみました。

shitudotyouseizai_R.jpg
フェルナンデス DR DRY 湿度調整剤 楽器用




中身はこんなのです。

shitudotyouseizai2_R.jpg




早速ケースに入れてみたのですが、ここで心配がひとつ


「剤がギターに直接触れるように入れると、塗装が変色とかしないかな?」


その辺のところをネットで探ってみたのですが…


確実な情報は得る事が出来なかったので、



念の為、剤がギターに直接触れないように、ギター・ケースの底に剤をテープで貼ってから

zai_in_case_R.jpg




ギターを収納しました!

syuunou_kanryou_R.jpg




気休めかも知れないけど…

何もしないより良いでしょう…

良い効果がありますように。

取り合えずこれで様子みてみます。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR