FC2ブログ

どうしてこの写真を使ったの??


かつては一発屋の代表だった「ザ・ナック」!
my_sharona_R.jpg

しかし今年(平成27年)の初頭にBSで放送されたベストヒットUSAの「一発屋特集」ではベスト10にも入らず…でした。

因みに上記特集のベスト10は以下の通り。

10位 The Final Countdown - EUROPE(1986)
9位 Bad Day - DANIEL POWTER(2005)
8位 Macarena - LOS DEL RIO(1995) 
7位 99 luftballons - NENA(1983)
6位 Come On Eileen - DEXYS MIDNIGHT RUNNERS(1982)
5位 Ghostbusters - RAY PERKER JR.(1984 )
4位 Relax - FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD(1983)
3位 Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop) - SCATMAN JOHN(1995)
2位 You're Beautiful - JAMES BLUNT(2005)
1位 Take On Me - a-ha(1985)

当然ザ・ナックの「マイ・シャローナ」が1位だと思っていた私は、番組で1位が「a-ha
のTake On Me 」と 発表された時はかなりショックでした。(「マイ・シャローナ」がベスト10に入って無いなんてありえない…。)

番組で発表されたベスト10を見てみると、すべて1980年以降に発表された曲で80年代の曲が10曲中6曲もあります。たしかに80年代ってMTVの効果もあり洋楽のミュージック・ビデオが普通に日本のテレビで放送されていたし、もしかすると日本で一番洋楽ロックが盛り上がっていた時期かも知れません。それと比べると79年デビューでMTVが出来た時には落ち目になっていたザ・ナックは、もう歴史の彼方に追いやられてしまって、一発屋の代表というあまり有りがたく無い地位さえも守る事が出来なかったのかもしれませんね。

しかし彼らはファーストアルバム「ゲット・ザ・ナック」は「マイ・シャローナ」だけじゃ無く良い曲がたくさん入っています。未来に残し続けたいパワー・ポップの名盤です。

gettheknack_R.jpg
ザ・ナック/ゲット・ザ・ナック

内容は文句無しですが、問題はジャケット写真。ザ・ビートルズを意識してモノクロ写真を使ったんでしょうけど、向かって左から2人目のリーダーでボーカル&ギターのダグ・ファイガーさんの笑顔が邪悪過ぎませんか?完全な作り笑顔で目が笑っていません。何でこんな写真を使ったんでしょう??この写真のイメージで当時自分の周りでは彼の事を「ナックの性格の悪そうなボーカル」「ナックの性格の悪そうなボーカル」と呼んでいました。今となっては、ザ・ナックは一発屋で終わってしまった原因の一つがこのジャケ写のイメージの悪さにあったんじゃないか?何て事も考えてしまいます。もっと普通の表情の写真使った方が良かったと思うんですけどね。(実際裏ジャケはさわやかな表情で歌うダグ・ファイガーさんが使われていますし。見にくいけど…。)


get_the_knack_ura_R.jpg
ザ・ナック/ゲット・ザ・ナック(裏ジャケ)

ダグ・ファイガーさんの表情のせいでイメージ悪いかもしれませんが、内容は文句無しの「ゲット・ザ・ナック」! 100年後にも残したい1枚です。そして100年後も一発屋の代表は、ザ・ナックのマイ・シャローナであって欲しいな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR