FC2ブログ

捨て身の芸で素晴らしい音を残してくれたロジャー・トラウトマン


トーキング・モジュレターというエフェクターがあります。楽器や機材に興味が無い人には馴染みが薄い物だと思いますが、要するに電気的に楽器の音を変える機器の一種です。

f0182998_19491237_R.jpg
トーキング・モジュレター

このトーキング・モジュレター、他の機材と大きく違う点がひとつあります。なんと楽器の音をゴムのチューブを通して自分の口の中に引っ張って来て、口の開閉により音を変えて行くという超アナログな仕組みで音を変える機材なんです。

文書だけだと分かりずらいと思いますので、ボン・ジョヴィのリッチー・サンボラがトーキング・モジュレターを使ってレコーディングしている動画あったので、こちらをご覧ください。


Richie Sambora in the studio with Heaven & Earth

このトーキング・モジュレター、リッチー・サンボラ以外にもジェフ・ベックやピーター・フランプトンの使用で有名ですが、彼らはライブの中で数曲使うだけです。それに対して今回紹介するZAPPのロジャー・トラウトマンは、キーボードにトーキング・モジュレターをかけてライブの間中ゴムのチューブを咥えっぱなし!全編トーキング・モジュレターと言って良い程の使用頻度です。

想像してみて下さい。ゴムのチューブを通して大音響の楽器を口の中で鳴らしているわけですよ。長時間使えば振動で脳に影響は出るし、奥歯や虫歯の治療の詰め物なんてドンドンとれてしまうと思います。自分は使った事はありませんが、昔から「トーキング・モジュレターをずっと使っていると気が狂う。」という噂がまことしやかに囁かれていましたが、満更嘘とも言い切れません。

因みに他に声を変える機材というと【ボコーダー】と言うものがあります。YMOの「テクノ・ポリス」の”トキオ”とかEW&Fの「レッツ・グルーブ」とかは【ボコーダー】です。【ボコーダー】は完全に機械任せで音を変えますから、脳や歯にダメージを受ける事はありません。

p2_R.jpg
【ボコーダー】

このトーキング・モジュレターを使って、命を削って素晴らしい音を残してくれたのがZAPPのロジャー・トラウトマンです。音だけ聞いているとトーキング・モジュレターを使ったロジャーの芸当が伝わらない事もあるかも知れないなと思い、長々と説明させて頂きました。

彼が残した音は名盤揃いですが、今日はZAPPの2枚目「ZAPPⅡ」を紹介します。

d046c274_R.jpg
ZAPP/ZAPPⅡ


トーキング・モジュレターを使い続けた結果、ロジャー・トラウトマンは体を壊してしまいます。そして実の兄に殺されるという悲劇的な最後を迎えてしまいました。 せめてロジャー・トラウトマンが命を削って作り上げた素晴らしい音が、100年後も残ってくれる事を願います。名盤ですのでまだ聞いた事の無い方は、是非1枚如何でしょうか?




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR