FC2ブログ

ぶっとびジャケット14


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





今回の【ぶっとびジャケット】は、ネットでソウル系のブツを漁っていて出会いました。




先ずはご覧下さい。




loveship1.jpg
LOVESHIP / LOVESHIP




如何でしょうか(笑)


初めて見た時は、絶句してしまいました。


どうも宇宙船というか、宇宙的なイメージを表現したいようなのですが…


まず衣装が凄過ぎます!


今時こんなの着ているのは、タケモト・ピアノのダンサーの人くらいでしょう!

takemotopiano.jpg






更に凄いのは、人物奥の機械類?を表現したと思われる部分です!






拡大してみました。




loveship3_R.jpg





「最初は手書きか?」と思ったのですが(笑)流石にそうでは無いようです。



でもどう見ても、型抜きされたペラペラの銀色の紙にしか見えません。



地方局で放送されたコント?






しかしこのレコード、ジャケットに似ず、内容は正統派なソウル・ヴォーカル・グループモノみたいです。



結構なレア盤のようで、未入手なので多くは語れませんが…






このアルバムが発売された1982年は、産業ロック全勢の頃ですから、音楽業界は好景気に沸いていた時期でした。



そんな時でもインディで、特にブラック・ミュージック系は「本当にお金無かったんだなぁ」というのを証明しているジャケです。



しかし不利な条件に負けず、多くの黒人ミュージシャンが、小さなレーベルに素晴らしい音楽を沢山残して下さいました。



それが現在ファンク45やソウル45、ノーザン・ソウルとなっているわけですよね。



先人に感謝です。






最後に、このアルバムの裏ジャケ?またはスリーヴのようなのですが、こんな写真を見つけました。

loveship2.jpg



なんか、もうこっちが表ジャケットで良くねぇっすか??






それはお後がよろしいようで(笑)



最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

新譜を続けて購入しました!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




1月9日に9月に予約しておいた、THE YELLOW MONKEYのシングル盤(新譜)が届いた事は前のエントリーで書かせて頂きましたが…




なんと1月中に、また新譜を購入してしまいました!




完全に旧譜偏重でレコードを購入していますから、新譜を月に2枚も購入するなんて、いつ以来であるか覚えていないくらい久しぶりです。




ブログに書いちゃう位珍しい連続新譜購入ですが、今回購入したのはこのブツです。






lillimae1_R.jpg
Lillie Mae/Forever and Then Some

※このレコードの発売は2017年4月なので、正確には新譜とは言えないかもしれませんが、最近のブログ主の感覚で言うと、もう完全に新譜の範疇なので今回は新譜と呼ばせて頂きます(笑)






リリー・メイ女史は、日本ではあまり知名度が高いとは言えないかも知れませんが、ジャック・ホワイトのバンドでフィドルとかを弾いていた女性なので、ジャック関係の記事や写真で見た事ある人はいらっしゃるのでは無いでしょうか?




因みにジャックのバンドでは、こんな感じでした。






Bp00e5PCYAEqbFy_R.jpg




日本で知名度が高く無いと書きましたが、ブログ主もリリー・メイ女史を知ったのはつい最近です。きっかけはサードマン・レコードのサイトを見ていて、彼女の出しているシングル盤のジャケットに魅かれて…。






lilliemae45_R.jpg
Lillie Mae/Over the Hill and Through the Woods
※ブログ主が、リリー・メイ女史を知る切っ掛けとなったシングル盤です。




「このジャケの写真凄く良いなぁ」と思って色々探っていて行ったら、アルバムを出している事をが解ったので迷わず購入した次第です。






このアルバム、モヒカン女性の顔のアップのモノクロ写真がインパクト有りのジャケットですが、内容は王道カントリー・ポップという感じで、すごく聞きやすい盤で…




万人にお薦めできるアルバムでした。






彼女はまだ若いようですが、芸歴は長いみたいです。




音楽業界は不況と言われて久しいですが、そんな中でも彼女のような才能が隠れていたんですね。




アメリカの音楽業界の、懐の深さを感じずにはいられません。




サードマン・レコードは、不況で益々保守化が進む大手レコード会社が興味を持たないようなリリー・メイ女史のような人をドンドン世の中に出してくれるようなので、今後も期待大です。




次の新譜の購入も、サードマン・レコードの可能性が高い気がします。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR