FC2ブログ

38年来の【ジャケ買い】


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


そもそも【ジャケ買い】と言うのは、名前も知らない!もちろん音を聞いた事も無いミュージシャンのレコードを、ジャケットだけで判断して購入する事です。

そういう意味では、2017年現在もはや【ジャケ買い】と言うのはありません。




ネットに情報は溢れているし、視聴だってYouTubeで下手したらアルバム丸々一枚 聞ける世の中、もちろんレコード屋さんに行ってジャケットだけ頼りにブツを掘る事は出来ますけど、ポケットにはスマホがあって聞く気になれば、その場で検索して視聴する事が可能なわけですから、純粋な【ジャケ買い】というのは、絶滅してしまったと言って良いのでは無いでしょうか?






最早レッド・データと言って良い【ジャケ買い】ですが、今から38年前の1979年には余裕で存在していました。何せ当時はネットは無い!メールも無い!(おまわり毎日グールグル)でしたからね。






そんな【ジャケ買い】がバリバリの現役だった1979年からジャケットが気になっていたレコードを、38年を経て先日入手しました。






こちらです。




maxresdefault_R.jpg
Jean Jacques Burnel/Euroman Cometh




もちろん当時ストラングラーズ大好きでしたから、ジャン・ジャックの事は知っていました。しかし音は全く試聴出来る機会は無くて、でもジャケットにはものすごく魅かれる物があって、ずっと気になっていたんです。まぁレア盤でも高価な盤でも無いんですけど、そんなに頻繁に出会うような物でも無かったので、気になりつつ半分忘れていた!と言うのが正直な処ですけど…。




工場の配管の下で佇むジャン・ジャック。向かって右下にある自転車がやけにリアルで、思えば大きな工場を見る度にこのレコード・ジャケットを思い出していたような気がします。無意識にジャケと似たい風景を探して…。昔から工場見るの好きなんですよ(笑)




今回念願かなって入手出来て(しかも安価で)、初めて音を聞く事が出来ました。




地味だけど、今聞いてもあまり古さを感じない出来です。




今度MP3プレイヤーにでも容れて(アナログから落とすの超面倒だけど)、大田区の工場街にでも散歩に行こうかな。










ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

アレサ・フランクリンの引退によせて


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


AFP=時事のニュースで、アレサが年内で引退の意向を持っている事を知りました。

「より孫と過ごす時間を増やしたい」なんて幸福そうな理由で引退してくれるアレサに、心からお礼を言いたいです。

大好きだったミュージシャンの悲劇的な最後なんて見たくないですからね。是非幸福な余生を過ごして頂きたいものです。






アレサ・フランクリンの名盤数あれど、自分が一番聞いたのはやっぱ「レディ・ソウル」ですね。サザン・ソウルというか、マッスル・ショールズ系の音楽にのめり込む切欠になったアルバムです。今でもたまに聞くし、これからも何度も聞くと思います。もちろんアレサ・フランクリンを知らなかった人にも、自信を持って薦められる名盤です。





ladysoul_R.jpg
アレサ・フランクリン/レディ・ソウル







寂しいようなうれしいような、ちょっと複雑な思いでアレサの引退宣言を知りました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

痛た(そうな)ジャケット


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



一般的に「痛たジャケ」と言えば、萌えアニメのキャラとかが書かれたジャケット(衣類)の事を言うのだと思いますが、当ブログで「痛たジャケ」と言えば、当然「痛た(そうな)レコード・ジャケット」の事です(笑)

スラッシュ・メタル系のアルバムには結構な数の「痛た(そうな)レコード・ジャケット」が存在するようですが、あまり詳しくないし他のブロガーさんが紹介していらっしゃる物も多いようなので今回は敢えてスル―しました。




当ブログで「痛た(そうな)ジャケット」といえば、まずは何と言ってもこれです。




Weasels_Ripped_My_Flesh_R.jpg
フランク・ザッパ&ザ・マザーズ/いたち野郎






もう少し分かりやすい処で、スコーピオンズのこれ




41HA5X730PL_R.jpg
スコーピオンズ/ブラック・アウト






あと、ザ・プロフェッショナルズの、これも痛そうですね。




ididnt_cd_900_R.jpg
ザ・プロフェッショナルズ/炸裂






ちょっと変わった処では、デボラ・ハリーのファースト・ソロ・アルバムも「痛た(そうな)ジャケット」と言えますよね?(本人平然としていますけど…)




38541_R.jpg
デボラ・ハリー/Koo Koo






最後に邦楽代表として、ウシャコダの「パワフル・サラダ」は外せません。






51FzfujrnxL_SX355__R.jpg
ウシャコダ/パワフル・サラダ






これが一番痛そうかな?






激痛ですよ、きっと(笑)







ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR