FC2ブログ

ぶっとびジャケット9


今回の【ぶっとびジャケット】は、以前山下達郎さんがライブのMCで「山下達郎が武道館でライブをやらない理由は、頭髪を上から見られるのが嫌だから!」と冗談を仰っていたのを思い出すジャケットです。

Looking-On_R.png
The Move/Looking On

確かに頭髪の薄い人の中には、頭頂部だけ薄くなっていて、正面から見ただけでは、薄毛が目立たない人がいますが、このジャケに写っている人達はもうそんなレベルではありません。どこから見ても紛うことのないハゲ頭です。

しかしこの角度から見せられると、人の頭に見えなくなってきます。自分は昔よく見たPCのスクリーン・セーバーの空飛ぶトースターに見えて仕方ありません。

flying_toasters_R.png


このアルバム(Looking Out)、ジャケはこんなですが内容は良いです。ロック・ファンの人に普通にお薦め出来ます。ザ・ムーブにジェフ・リンが加入して初めてのアルバムになりますね。正統派パワー・ポップと呼ぶには曲の構成やアレンジが凝っていますが、気持ち良く聞けると思いますよ。

CDの方はボーナス・トラックが入っているので魅かれますが、このジャケの凄みはアナログ盤じゃ無いと伝わりません。購入するならアナログを買ってから、さらに深入りしたい場合CDも購入すると言うのがベストだと思います。如何でしょうか??



ビザール・ギターの写ったジャケット


所謂ビザール・ギターを愛用しているミュージシャンは、枚挙に遑がありません。

ビザール・ギターとは?

たとえばベック君(シルバートーンがヘタって来たのか、最近はストラト・トーンの初期型も弾いていますね。カッコ良いです。)
beck_sl_01_R.jpg

もちろん大御所ライ・クーダー先生も
ry-cooder201601_R.jpg

エルビス・コステロさんも、マグナトーンやダン・エレクトロとか愛用してますね。
DANELECTRO_costello_R.jpg

その他にも沢山のミュージシャンが、ビザール・ギターを愛用しています。(日本人なら浮雲さんとか…)

でもビザール・ギターの写ったジャケットって、探してもあまり見つけられません。

ベック君はシングル盤のジャケでは使ってくれているんですけど。
0000026918_500_R.jpg
Beck/Hell Yes
(でもアコギのビザールだと、エレキに比べるとインパクトが劣っちゃいますね。)



というわけで、【ビザール・ギターの写ったレコード・ジャケット】探してみました。

tboneburnett_R.jpg
T-Bone Burnett/ True False Identity
写っているギター⇒KAY

the-chess-box-4f207d0249048_R.jpg
Howlin' Wolf/Chess Box
写っているギター⇒Teisco:TRG-1

51NtmYdI6-L_R.jpg
Spencer Bohren/Born in Biscayne
写っているギター⇒National?

51IiPwxKR1L_R.jpg
David Lindley & El Rayo-X/Win This Record
(ミスター・ビザール・ギター!私はリンドレー先生でビザール・ギターを知りました。)
写っているギター⇒KAY&Danelectro?

hounddogtaylor_R.jpg
Hound Dog Taylor& Houserockers/same title
(テイラーさんはセカンドアルバム以降も、ビザール・ギターの写ったジャケットが沢山あります。)
写っているギター⇒KAWAI?

ととりあえず今回はこんな感じです。

ビザール・ギターの愛用者の数と比べる、ビザール・ギターの写ったレコード・ジャケットは少な過ぎます。

自分は内容に関係無く、ビザール・ギターが写っているだけで、そのレコード欲しくなっちゃいますけどね…。

ミュージシャンの皆さん!是非ビザール・ギターの写ったジャケットで作品発表して下さい!買いますよぉ!




食いジャケ!謎のスウィーツ編


【猫の写真やイラストを使ったレコードジャケットは「猫ジャケ」、
では食べ物を使ったジャケットは「食いジャケ」?

食いジャケの定義=同じ食べ物でも、素材を使った物(果物とか野菜を、そのまま使った物)は有りがちですが、調理された料理を使ったジャケットはあまりみかけない。①調理された食品である事。②ジャケットには食品のみが写っている事。以上を本ブログに掲載する食いジャケの定義としています。(今後例外もあるかも知れませんが…。)

今回ご紹介させて頂く【食いジャケ】はこちらです。

141205-20_R.jpg
Ken Muramastu/Still life donuts

村松健さんというピアニストの方のデビューアルバムだそうです。この盤も未入手で未聴なのですが、少し聞いた感じだと所謂80年代フュージョンの音でした。ネットで調べてみると、この手の音が好きな人には評判良いみたいです。自分が聞いた曲は、ちょっと80年代の山下達郎さんの臭いがしました。(ドラムが故青山純さん?)

問題のジャケットの方ですが、自分は最初パッと見「最上段にリンゴを乗せたケーキかな?」と思ったのですが、良く見ると違いますね。【Still life donuts】ってくらいですから、一番上の赤いのは、赤いソースでコーティングしたドーナツなんでしょうね。つまり5種類のドーナツを重ねた物?乗っているのは漆塗りの黒い板?皿?…もしかしてピアノに上にドーナツ乗せているのでしょうか?

このアルバム、CDはレアらしいですが、アナログ盤はお手頃価格で入手可能なようです。購入されるならアナログ盤がお薦め!ジャケットのドーナツも現物より大きく写っていて、迫力あると思いますよ。ジャケ買い如何でしょうか??




プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR