FC2ブログ

チャボさんの新譜

仲井戸麗市さんがテレビ番組の司会をヤル!?なんて信じられない話を聞いてネットで調べて番組を見たのは今年の春先の事でした。すでに3回放送された後で、初めてみたのは佐野史郎さんがゲストの回。あれから4カ月。まぁおそらくワンクールで終わるんだろうなぁという予想を裏切り、すでに放送20回を超えています。

news_thumb_CHABO_art20150629_R.jpg

デビュー45周年だから!という訳だけではないんでしょうけど、ここに来て今までに無く露出の目立つ仲井戸麗市さんが、13年ぶりにニューアルバムをリリース!発売日は9月16日、タイトルは「CHABO」!全曲オリジナルの14曲を収めたCDに、おまけとして弾き語りやライブ音源を収録したボーナスCDも付くというお得なパッケージになるようです。たのしみ楽しみ。

news_xlarge_nakaidoreichi_chabo_JK_R.jpg
仲井戸麗市/CHABO

アルバムの発売は13年ぶりですがライブは定期的にやってくれていたので、停滞感というか、大御所隠居感は全くありませんでしたね。しかしこんなに長い間アルバムが出なかった原因は、「音楽不況」「CDが売れない」が理由の一つとしてあったのかも知れません。やはりCDが売れない現在、ミュージシャンが生き残っていけるか否かはライブ次第という事でしょうか?しかし13年は長すぎます。次のアルバムはもう少し短いスパンで出して貰えるよう、今回のアルバムの売り上げは盛り上げましょう。古くからのチャボさんファンの人はもちろん、RCをリアルタイムで知らないような若い世代の人達にも今回のアルバムを買って聞いて欲しいと思っています。発売は9月18日です。みなさん是非お買い上げ下さい。



おじさん、誰っ?


演者(ミュージシャン)と全く無関係なおじさんが、ジャケットのメインとなっているレコードがあります。どんな意図でおじさんを起用したのか?デザイナーに聞いてみたい気がするレコジャケを集めてみました。

まずはDEVOのファーストアルバム「Q: Are We Not Men? We Are Devo(邦題:頽廃的美学論)」.

Are_We_Not_Men_We_Are_Devo!_R.jpg
DEVO/Q: Are We Not Men? We Are Devo(邦題:頽廃的美学論)

笑顔が怖いおじさんのアップが、堂々とジャケットを飾っていますね。これはもしかするとNot Men に引っかけてあるのかも知れません。つまりMenの象徴として、この帽子のおじさん。詳しい事は分かりませんけどね。しかし内容は最高!初期アメリカン・ニューウェイブの名作です。

続いては、以前のエントリーでも紹介した The Rumour の「Frogs, Sprouts, Clogs & Krauts」

8491417792_88d00019df_z_R.jpg
The Rumour /Frogs, Sprouts, Clogs & Krauts

この人もなぞのおじさんです。アルバムタイトルは直訳すると「カエル・芽キャベツ・木靴とザウアークラウト」ですが、カエルはフランス人の蔑称でクラウトはドイツ人の蔑称らしいので、他の2語にもその辺りの意味がありそうですね。どちらにしてもおじさんの正体を知る鍵にはなりそうにありませんけど…。不思議なジャケットです。

最後にこれ。First choiceの「Armed and extremely dangerous」。

23993_large_R.jpg
First choice/Armed and extremely dangerous

普通に見ると、女性コーラスを従えた男性ミュージシャンのアルバムに見えますがそうではありません。女性3人によるボーカル・グループのファースト・アルバムなのです。となると真ん中で偉そうに(エマニエル夫人椅子に)座っている、おじさん、誰っ? (因みにこのアルバムも強力にお薦めできます。フィリー・ソウルの隠れた名盤です。)



ぶっとびジャケット6


アメリカのヘビメタバンドW.A.S.P.の12インチシングルです。

WASP-Animal-107608_R.jpg
W.A.S.P./Animal(F**k Like A Beast)

なんでもタイトルと歌詞が過激なため、キャピトル・レコードから発売が許可されず、イギリスのミュージック・フォー・ネイションズから発表されたという曰く付きのブツです。

W.A.S.P.というバンドは未聴なのですが、キャッチ―なメロディーの楽曲と残酷なライブ・パフォーマンスで売っていたバンドらしいです。アメリカにはよくいますよね?分かりやすいイメージ戦略で主にティーン・エイジャーをターゲットにしたバンド。(代表的なのはKISSでしょうか…)

このジャケットご覧のとおり股間に回転のこぎりを装着し、血まみれになった人の写真を使っていますが、これと同じ物をメンバーが装着してライブをしていたという事なので念がいっています。如何にも馬鹿ロックといった感じで分かりやすいですね。

wasp2_R.jpg

しかし今このジャケを見て一番気になるのは、真ん中に大きく書かれた「W.A.S.P.」の文字です。金属の質感を出そうとしたのだと思いますが、思いっきり外してます。今ならPhoto Shopでも使えば簡単に金属の質感の文字が出来ますが、このシングルが出た1984年ではDTPもまだ普及の道半ばだったのでしょうか??金属っぽくしようと文字に手を加えていますが、笑っちゃうくらい安っぽくなっています。これなら文字加工しない方が良かったんじゃないですか?今みると股ぐらのこぎり以上に文字の安っぽさが笑えます。

現物が手元に無く、内容も未聴なので大きな声では言えませんが、ジャケ買い如何でしょうか?けっこう笑えそうですよ。


納涼レコジャケ

暑い日が続きますので、納涼レコジャケを三連発で!

ザ・ビーチ・ボーイズとかサザンとかベタ過ぎる物は避けて選んでみました。

まずはダイアー・ストレイツのセカンドアルバム「コミニュケ」。

Communique_R.jpg
Dire Straits/ Communique

ファーストに続いて地味なジャケットですけど、封筒に書かれた水彩画が涼を誘います。


続いてはステファン・スティルスのファーストソロアルバム!

StephenStills_R.jpg
Stephen Stills/Same title

寒い冬に冷たいギターの弦に触れた事がある人なら、見ただけで指先が痛くなりそうなジャケです。コンディションに敏感なビンテージ・マーティンを雪の中で弾いてしまう豪快さと相まって涼を呼びます。

最後にジェリー・バトラーがフィリーで吹き込んだ「 THE ICE MAN COMETH」。

The Ice Man Cometh_R
Jerry Butler / THE ICE MAN COMETH

ここまで来ると最早我慢大会の様相を呈しています。ジェリーは平気な顔で写っていますが、撮影大変だったでしょうね?

以上。納涼レコジャケを三連発如何だったでしょうか?

上記を持って夏のご挨拶の代えさせて頂きます。

暑中お見舞い申し上げます。




プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR