FC2ブログ

ぶっとびジャケット5

amagumo_R.jpg
ちあきなおみ/あまぐも

ジャズの名盤をパロったジャケットに魅かれて「欲しい!」と思い、少し探してみましたが、まだ一度もお目にかかったことがありません。(ちあきなおみさんファンの間では、結構なレア盤のようです。軽く考えてしまい大変申し訳ありませんでした。)

CDで再発されたりもしたようですが、現在はそれも廃盤のようで…。

このアルバムを機会に、それまでヒット曲くらいしか知らなかったちあきなおみさんに興味を持ち、少しだけかじってみましたが、このお方パブリックイメージ以上に素晴らしい歌手なんですよ。本当に歌がうまい!

近年発掘されたライブ音源では、浅川マキさんヴァージョンの「朝日のあたる家 (朝日楼)」等を唄われていたりしているのですが、そのライブ盤も素晴らしい出来です。やはりライブを見ないと、歌い手の本当の姿は分からない!といったところでしょうか?「ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家 」こちらはまだ新品CDが入手可能なようです。ちあきなおみさん知らない世代にも強力におススメします。

ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003_R
ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家

今後も「あまぐも」のオリジナルLPは、探して行こうと思っています。あまり高価だと買えませんけどね。購入してネタ元のアルバムと並べてレコード棚に飾るのが当面の野望でございます。

Waltz_for_Debby_R.jpg
Bill Evans Trio/Waltz for Debby


もうすぐ名作のリマスター盤が発売されます。

UPCY-6989_clg_extralarge_R.jpg
RCサクセション/シングル・マン

忌野清志郎さんの命日である、平成27年5月2日(土)にRCサクセションの3rdアルバム、「シングル・マン」のリマスター盤が出ます。

自分は、実はまだ予約していません。どれを買うか迷っています。

今回発売されるのは、
SHM-CD盤でシングルを4曲ブラスした物と、アナログ盤でオリジナルに準じた収録曲の物です。価格はSHM-CD盤が2,500円で、アナログ盤が3,500円!

んで、現在我が家のレコード棚には、(再発盤ですが)「シングル・マン」のオリジナルアナログ盤はあるという状況です。

今回ようにアナログ盤も同時発売されると、毎回どちらを買うか迷います。前にも書きましたが両方買っていた時期もあるんですけど、そろそろ棚が限界なので少しセーブしています。それに両方買っても聴くのはどちらかに限定されてしまって、聴かない方は開封するのがもったいなくなって、結局保存用になってしまっていましたので…。これでは買う意味無いし…。今回はやっぱSHM-CD盤にしようかな。

44091_R.jpg

「シングル・マン」というアルバムは、RCサクセションが一番売れていなかった時代に録音された作品です。お蔵入りという危機を乗り越えて発売されたものの、すぐに廃盤になってしまいました。しかしその後4リズム編成になり大ブレイクしたRC人気で再発運動が起こり、めでたく再発売という経緯を経て、広く世の中に聞かれた作品です。自分もこの再発盤を所有しています。

内容は録音当時のRCの状況が反映されたような、ヘビーで暗い作品ですが、名曲揃いの名盤です。今回リマスター盤が出るのは嬉しい限り!後世に残したい名作です。

■SHM-CD盤の収録曲です。
1.ファンからの贈りもの
2.大きな春子ちゃん
3.やさしさ
4.ぼくはぼくの為に
5.レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり)
6.夜の散歩をしないかね
7.ヒッピーに捧ぐ
8.うわの空
9.冷たくした訳は
10.甲州街道はもう秋なのさ
11.スローバラード
<追加収録>
「スローバラード」(シングル・バージョン)
「やさしさ」(シングル・バージョン)
「わかってもらえるさ」
「よごれた顔でこんにちは」



ぶっとびジャケット④

can-ege-bamyasi_R.jpg
Can/Ege Bamyasi

ドイツのロックバンドCanの4thアルバムです。

Canですから、誰でも安心して聴ける聴きやすい音ではありませんが、私はこのアルバムを昼間の天気の良い日に、何度も繰り返しで聴くのが好きです。

聴いた事の無い人には、是非ジャケ買いしてみて下さい。

写真の缶詰はトルコ産らしいのですが、ジャケットとして採用されたのは、大きく写ったCANの文字のおかげなのではないでしょうか?(しかしジャケットに写っている缶詰が、市販の物をそのまま使った物なのか、それともジャケットに使用する為手を加えた物なのかは不明です。)

日本人の感覚だと、オクラの缶詰というのはピンと来ませんね。中身はどんな物なのでしょうか。そのまま生を缶詰にしただけとは考えづらいので、おそらく水煮?でもラベルにトマトみたいな物も写っているから、トマトソースで煮込んだ物?う~ん。やはり簡単には想像出来ません。

日本ではなじみの薄い、オクラの缶詰の写真を使ったジャケットですから、アナログ盤(ちょっとお値段お高めなんですが)をお部屋に飾ったりするとインパクトありだと思います。アンディ・ウォーホルのキャンベル缶と並べても風流かも。




ぶっ飛びジャケット③

1975年発売の英国のハードロックバンド「BOXER」のファーストアルバムです。

今見ると、当時これを良く発売したもんだという感じですが…。

BelowTheBelt_R.jpg
BOXER/Below The Belt

内容はB級っぽさが残ったイギリスのハードロックンロールバンド!

AC/DCとかSLADEとかGeordieとか、ちょっとグラムロックの流れも引きつつ、もう少しハードロックに寄った感じの一派といったとろこでしょうか。

あの辺りの連中の仲間であれば、このジャケットにも納得出来ます。

ロックとはお下劣な物で、教育委員会が顔をしかめるような物じゃ無いとねぇ!という出来が最高です。

エロを超越してますから、エロ・ジャケとも言えない物になってますよね。何が言いたいのか良く分かりません。局部の隠し方も凄いです。当時これがイギリスのレコード屋さんに陳列されたんですねぇ。凄いぞグレート・ブリテン!

このアルバムは、今でも新品のCDが手に入ります。アナログ盤はちょっとレアで、初盤の裏ジャケットは、女性のヘアが見えてるとかで、以降に発売された盤はベルトで修正された物になっています。ロックですねぇ。



私のギター紹介②「ファンでも無いのに…」


我が家にはエディー・ヴァンヘイレンモデル、通称フランケンと呼ばれるギターのレプリカがあります。

jisakuevh3_R.png
自作フランケン

今を去る事10年位前に、何故かフランケンを作成してみたくなり、渋谷のイケベ楽器でストラトキャスター制作用キットを購入して、それをベースに自作しました。ヴァン・ヘイレンファンでも無いのに…。

フランケンのレプリカは当時から色々な種類が売られていましたし、ネットで検索するとファンの人達が愛を込めて作成されたレプリカが沢山見つかりました。競争するつもりなんて毛頭ありませんでしたが、同じ物を作ってもかなうわけ無いし、フロイトローズ嫌いだし、あまり予算も無いし…。という事で完成したのが「エディー・ヴァンヘイレン・フランケン:1979年来日時ヴァージョン」です。

evh1979_4_R.jpg
エディー・ヴァンヘイレン1979年来日時

evhf1979_1_R.jpg
フランケン(本物)1979年ヴァージョン(表)センターピックアップが確認出来ます。

evh1979_2_R.jpg
フランケン(本物)1979年ヴァージョン(裏)リフレクター5枚のみ。

evh1979_3_R.png
フランケン(本物)1979年ヴァージョン(全景)

今はヴァンヘイレンファンとはいえませんが、デビュー当時のエディー君は気になるギタリストの一人でした。(なのでヴァンヘイレンのファースト・アルバムだけは所有しています。)当時、エディー君の弾いていた白と黒のストライプ入ったのカスタムギターが好きだったので、1979年の来日時に赤くオーヴァーペイントされたギターを見て、がっかりした記憶があります。あきらかにカッコ悪くなっているとうに見えたんですねおそらく。

しかし慣れというのは恐ろしい物で、今では白と黒だけのフランケンは物足りなく見えるから不思議です。私が作成したのは、紆余曲折をへてフランケンが完成形にたどりつく過程の過渡期のモデルです。特徴としては①フロイトローズ無し、②センターPUの位置にテレキャスター用のPU(ダミーですが)、③完成型は、アッセンブリーをピックガードを切った物につけていますが、本モデルではレス・ポールのジャックプレートを使用、④ヘッドが黒、⑤裏のリフレクター(反射板)は5枚だけ、まぁこんな感じの物です。この時期のモデルを再現した物は、市販品では見た事無いし、ファンの人が自作した物でも私はまだ見た事ありません。完全な自己満足の世界ですが、作成している間(半年位かかったかな)は、楽しかったですよ。実用は?殆どしていませんけど…。今回楽器庫を整理していたら出て来たので、ブログにアップさせて頂きました。

jisakuevh2_R.jpg
自作フランケン1979年来日時モデル(表):レリックも軽め、ストライプのつじつまを合わせるが大変でした。なかり誤魔化しています。

jisakuevh1_R.jpg
自作フランケン1979年来日時モデル(裏):リフレクター(反射板)は5枚のみ、簡単に手に入る国産品で済ませました。

jisakuevh4_R.jpg
自作フランケン1979年来日時モデル(ヘッド):ペグは何故かスパーゼルを使いました。

jisakuevh5_R.jpg
自作フランケン1979年来日時モデル(アッセンブリ―):レスポールのジャックプレート使用。ノブの無い方はダミーです。




キャンディーズが大好きでした。


大昔の話ですが、キャンディーズが大好きでした。

中でもミキさんのファンでした。

しかし(当時)ミキさんは、キャンディーズの3人の中で一番人気が無かったと思います。たのきんトリオなら野村のよっちゃんのポジションでしょうか。(この例えも古すぎて理解不能な人多数??)

でもこの写真を見て下さい。

SOLB310_R.jpg
キャンディーズ:その気にさせないで/一枚のガラス

女性のルックスは時代により流行りがあると思いますが、今見るとミキさん(左)のルックスが一番古くなっていないというか、2015年なら一番受けるタイプだと思うのですが如何でしょう?嘗てのファンの贔屓目かな。?

キャンディーズ解散後、ソロになって芸能界に残った2人とは違い、ミキさんは短期間しか業界にいませんでしたので、残された音源も少ない物です。

シングルが1枚とLPが1枚だけ、でも内容はなかなか凄い豪華な作りのテクノ歌謡ポップに仕上がっています。作家陣だけでも、 細野晴臣さん、松本隆さん 、高橋幸宏さん、大村憲司さん、白井良明さん、そしてなんと仲井戸麗市さんも曲を提供しています。

fujimuramiki_R.jpg
藤村美樹:夢・恋・人/春 mon amour

yumekoibito_R.jpg
藤村美樹:夢恋人

アルバムの方は、今ではボートラ入りで新品が手に入るようです。

かつてのミキさんファンの同志の諸君!は、昔を思い出して購入してみて下さい。
もちろんリアルタイムでキャンディーズを知らない世代の人にもお勧めです。


プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR