FC2ブログ

私の収穫 2018年


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





2018年は「少しレコードの購入数を減らして、本当に欲しいものだけを買うことにしょう」と思っていたのですが、結果的には2017年度とほとんど同じ(微増)の盤を購入してしまいました。




特に後半は、安く買えるのを良い事に【昔気になってたけど、お金が無くて買えなかった、でも今はそれほどひかれない系】のブツをまとめ買いしてしまったため、レコード棚が悲鳴をあげています。(まさかテッド・ニュージェントなんて買うことになるとは思いませんでした。ギブソン・バードランドが好きなので、それだけで気になってはいたんですけどね…)




2018年も高価で激レアな物はあまり追いませんでしたので、プログで堂々と発表できるような盤は手に入らなかったのですが「敢えてあげるなら」という事で、2018年私の収穫はこちらにしました。







yasasiiakuma_mokugyo_R.jpg
キャンディーズ:やさしい悪魔/あなたのイエスタデイ(初盤)




キャンディーズのシングル盤「やさしい悪魔」の初盤は、ミックス違いのバージョン(所謂木魚ver)であることは知っていたのですが「興味あるけど、あまり高価なら買わない」というスタンスでした。それが昨年度1,000円位で手に入れる事が出来ましたので、ケチケチ蒐集部門も合わせて、2018年度の私の収穫は、この1枚とさせて頂く事にしました。






2019年もコツコツと、地味に欲しい盤だけを探して買っていこうと思っています。
昨年度の反省として、実店舗での購入数が激減してしまった事がありますので、webショップやオークションの方が安価である事が多いのは動かし難いのですが「パタパタとレコード棚で盤を選ぶ楽しみは、何物にも代えがたい」という事で、今年はもう少し店舗での購入を増やそうと思っています。

そして買うだけ買って聴いてない盤が溜まりすぎなので、今年は時間を作って買った盤はどんどん聴いて行く事も実行して行きます。まずは少し纏まった休みを取って、レコード棚の整理からかな(笑)








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



新年あけましておめでとうございます 2019


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




今年の干支ジャケですが、苦心の末こちらに決めました。




yzvctsfpj247a_600_R.jpg
WILD:Heart of Holland/Matthjis Kieboom






オランダの映画のサントラらしいのですが、良く分かりません。内容も未聴ですし…。完全にジャケだけで決めました。




ブログをはじめてから、毎年新年1回目の更新は【干支ジャケネタ】にしてきたのですが、今回は一番苦労しました。「ひつじ」「さる」「とり」「いぬ」は、数あるレコジャケの中から選んで決める感じでしたが、今年の干支「いのしし」は、肝心のレコジャケ自体が全然見つけられなかったんです。






他所のブログを拝見すると、このジャケを使っている人が結構いらっしゃるので、最初は当ブログもそれで行こうかと思っていたのですが…。




PonderosaTwinsPlusOnenet02 (1)_R
Ponderosa Twins Plus Uri/2+2+1=




でも調べてみると、この真ん中にイノシシがいるジャケ写もちょっと良く分からない事があってですね。




これ本物?それともネタ?合成?




と、いうのも「Ponderosa Twins Plus One/2+2+1=」というレア盤は実在するようなんですけど…


Ponderosa Twinsp lus One2_R
Ponderosa Twins Plus One/2+2+1=




これと比べると「Plus Uri」の方は、真ん中の子を消して、イノシシの写真を合成したようにか見えません。そして「イノシシ盤」の方が実在するのか否かは確認が取れませんでした。




もしも実在しない盤(ネタ?)なら、それを干支ジャケに採用するのは気が引けるので、「Ponderosa Twins Plus Uri」の採用は見送りました。






そうなるといよいよネタが無い!






一時は、このCDジャケにしようかとも思ったんですけど…




4988001935490_R.jpg
ピンカラ姉妹,sorachoco/は・ぴ・ぽ~ まめちっち




真ん中に書かれている主人公(おそらく)は、牛らしいです。でも向かって左下に3匹いる内の1匹はイノシシに見えるので…。しかしメインが牛のジャケを、イノシシの干支ジャケとする訳にはいかないだろうという事で断念しました。






そして苦労の末に探し出せたのが「WILD:Heart of Holland」だったのです。




なんとか恰好が付きましたが、もうイノシシに関しては完全にネタ切れです。12年後のイノシシ干支ジャケは探す自信が全くありません(笑)




まぁこのブログが12年後も続いていればの話です。可能性は低いと思いますけどね(笑)




いつまで続けられるか分かりませんが、本年も当プログをよろしくお願い申し上げます。




謹賀新年

平成31年元旦






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

【訃報です】アレサ-・フランクリンさんが…


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




Aretha-Franklin-ill-news-2018-1459851_R.jpg
アレサ・フランクリン(1942-2018)




8月16日、アレサ・フランクリンさんが亡くなってしまったそうです。




TwitterのTLに流れて来たニュースで知りました。




2017年の2月に、このブログで当時引退を宣言されていたアレサを支持するエントリーをあげました。

もちろん引退は寂しいけど、悲惨な最後で人生を終えた先人が多い中で、惜しまれつつ引退して余生を家族と楽しく暮らして頂けるなら、その方が何倍も良いと思えたからです。




あれからまだ1年半も経っていません。もっと余生を楽しんで頂きたかったですが…。


危篤という報道が出て、一時は回復?という情報も出たりしていたのに…本当に残念です。






ladysoul2018.jpg
アレサ・フランクリン/レディ・ソウル




思えば自分にとって初めてのサザン・ソウル、初めてのマッスル・ショウルズは、アレサの「レディ・ソウル」でした。




このアルバムのおかげで、何度も救われました、そしてこのアルバムを入口に、素晴らしいサザン・ソウルの世界を知る事が出来ました。




アレサ、本当にありがとうございました。

合掌。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

猛暑の時に、聞きたくなる音


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




猛暑が続いていますが、みなさま如何お過ごしでしょうか?

3年位前に「納涼レコジャケ」と題して、涼しそうなレコード・ジャケットを紹介させて頂いたのですが…。




今回は暑い時に聞きたくなる音楽を、主観満載でご紹介させて頂こうと思います。




しかし暑い時に聴きたくなる音と言っても「夏だ!エレキだ!テケテケだ!」は嫌いではないですが少し世代が違うし、レゲエを夏の風物詩のように扱う事には昔から抵抗があるので、レゲエも対象外とさせて頂きました。



では猛暑日が続く昨今、ブログ主がどんな音を好んで聞いているかと言いますと…。




①あまり音に温度を感じさせず②ちょっとアバンギャルドな音を、垂れ流すように…。これに尽きます。



まずは最近一番我が家のターン・テーブルに乗る事が多いのは、このアルバムです。









6576b305c490c15cce0a7bc54151235f_R.jpg
Public Image Ltd/Second Edition




ジョン・ライドンが音に拘りまくって作成しただけあって、特にベース音とか凄いのですが、ロックの持つ熱さを敢えて拒否し、起承転結の少ない楽曲を淡々と演奏していて、とても気持ち良く聞き続ける事が出来ます。エアコンの効いた部屋で、アイスコーヒーを飲みながらPIL最高です。(もちろん「メタル・ボックス」の方でも良いのですが、我が家には「Second Edition」しか無いので、今回はこちらをご紹介させて頂きました。)






続いては、こちらのアルバムです。






enoambient2_R.jpg
Harold Budd & Brian Eno/Ambient 2: The Plateaux of Mirror




イーノさん環境音楽シリーズの第2弾です。基本的にハロルド・バッドさんという人のピアノ演奏をイーノさんが編集&加工した物なのですが、緊張感が半端じゃありません。知らない人にこのアルバムを聴かせると、殆どの人が「怖い」っていいますね。ホラー映画のBGMにもなりそうな涼を呼ぶ音です。






次はこちらの盤です。






118141240_R.jpg
Jon Hassell/Dream Theory in Malaya: Fourth World Volume Two




「マラヤ」と題しているのに、蒸し暑さを感じさせないアルバムです。このアルバムに限らず、ジョン・ハッセルさんのアルバムには何度も癒されました。暑さで体力を奪われた身体に沁みます。そういえば、こちらもイーノさん絡みの作品ですね。







その他にはペンギン・カフェ・オーケストラの一連のアルバムも、猛暑が続く昨今良く聞きます。こうして見るとイーノさん関連の作品が多いですね。




「猛暑日にはブライアン・イーノを聞こう!」かな(笑)?




それでは、おあとがよろしいようで…。




最後までご覧頂き、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

南アフリカ恐るべし(笑)


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



今回もストーンズネタです。




1973年にリリースされた名作「山羊の頭のスープ」




goats-head-soup-600x600_R.jpg
ザ・ローリング・ストーンズ/山羊の頭のスープ




小生このアルバムが大好きで、以前にも書きましたが、とても思い入れがあります。



どの位好きか?といえば、ストーンズのアルバムで1番好きなのは、その日の気分で変わりますから決められませんが…。結構な確率で1位を取ってしまう位大好きなんです。




その大好きな「山羊の頭のスープ」のB面ラストに収められている「スター・スター」は、元々「スター・ファッカー」という曲名だったのをアトランティックからのクレームで曲名変更した事は、ウィキペディアに書いてあるくらい知られて事だと思います。(でも変わったのは曲名だけで、曲中のサビではミックが「スター・ファッカー」を連呼しているので余り意味無いのでは無いのかな?と思いますけど…)




もちろんウィキに書いてあるように「スター・ファッカー」と歌っている部分が聞き取りにくく加工された、所謂「検閲(センサード)ヴァージョン」の存在は知っていました。でも小生このアルバムはUKオリジナル初盤と、EMI国内盤しか所有していないので、US盤に収録されている「スター・ファッカー(検閲ヴァージョン)」は未聴だったんです。




と、いう訳でUS盤を探して買っても良いのですが、他に欲しいレコード目白押しなので取り合えずyoutubeで探してみようと思い検索してみたのですが、(探し方が悪いのか)US検閲バージョンは見つけられませんでした。




んで、代わりに見つかったのが、こちらです。





The Rolling Stones/Star Star South African censored version.




ぶっ飛びました。




こんな雑な編集ストーンズが許可したのでしょうか?




本当に南アフリカ盤には、この検閲ヴァージョンが収録されているのでしょうか?




南アフリカ恐るべし。





南アフリカ盤欲しくなっちゃいました(笑)





ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR