FC2ブログ

発売前の、新譜の紹介です。


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




日々購入するレコードは99%が旧譜でセコハンなのですが、現役で活動している比較的若いミュージシャンも聴きたいという願望は強いと自負だけはしているのです。




そんなおっさんマニアの希望を叶えてくれるのが、ジャック・ホワイト主宰のサードマン・レコードです。




この度(6/12に)サードマン・レコードからリリー・メイさんが2年ぶりのシューアルバムを8月16日にリリースすると発表がありました。




LM-JACKET-FRONT_R.jpg
Lillie Mae/Other Girls






彼女は日本での知名度はさほど高いとは言えませんが、とても聴きやすいカントリー・ポップ系の音楽をやっている女性ミュージシャンです。




オフィシャルから新曲のPVがあがっていたので、是非ご覧下さい。





Lillie Mae / “You’ve Got Other Girls for That” (Official Video)






今のところ(6/29現在)ニューアルバムのアナログ盤の情報は、アマゾンでもディスク・ユニオンのサイトでも掲載されていないようですが、サードマン・レコードですから出しますよね?絶対!アナログ盤!




前作は確かディスク・ユニオンのサイトで注文して、店舗で受け取った覚えがあります。今回も最安値で手に入る方法で、出来れば送料無料にして入手したいと思っています。




早く注文したいものです。




最後に…




ジャケットは前作の方が良かったな。でも前作のジャケはカントリー・ポップのジャケにしてはエキセントリック過ぎたかな??




それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。







ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

新譜出るんですね!令和になってGO!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




日々のアクセス数など知れたものの当弱小ブログですが、それでも扱うネタによって多少の上下があります。




アクセスが上がるのは、その時に多くの人たちが話題いにしているであろう有名ミュージシャンの訃報や、超メジャー(特に歌謡曲系)な人のネタをエントリーした時です。




逆にアクセスが下がるのは、マイナーなバンドをネタにした時です。特に邦楽系にその傾向が強く名前を出してなんですが「ダディ竹千代&東京おとぼけcats」をネタにすると、びっくりする位アクセス数が上がりません。




そういう意味では、今回のネタも当ブログのアクセスアップ的には「?」なのですが、元々自己満足丸出しのブログですし、大好きなあのバンドが新譜を出すという事であれば、ブログのアクセス数など気にせず、世の中への影響は微々たるものだとは思いますが、進んで宣伝させて頂きたいと思い、今回のエントリーに至りました。






あの【吾妻光良&the swinging boppers】が新譜を出すそうです!




タイトルは【Scheduled by the Budget】!




発売日は令和元年5月22日(水)





azumamituyosiSSNS_R.jpg
吾妻光良&the swinging boppers/Scheduled by the Budget





ソニーの特設サイトもあります!是非見に行ってみて下さい。
https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Boppers/special_190522/






如何でしょうか?バッパーズの事を良く知らない方、見た目は冴えないおじさんバンドですけど、表面だけで判断しないで下さい。曲を聴いて歌詞を読んで下さい。ねっ!?抱腹絶倒な楽しい曲でしょう?でもこれをコミックバンドなんていうセンスの無い人とはお友達にはなれません。40~50年代のジャンプやジャイヴ(それと一部のジャズやブルースもかな?)には、楽しくて笑える歌詞の曲が多かったんですね。バッパーズはそれを踏襲してわけです。




決してメジャーなミュージシャンではありませんが、どなたにも力いっぱいお勧め出来るバンドです。特設サイトを見ていただければ分かると思いますが、同業者のファンも多いバンドなんですよ。(錚々たる人達のコメントが載ってましたでしょ。)あの元ピチカート・ファイブの野宮真貴さんのアルバム「渋谷系ソングブック」でバッパーズの「おもて寒いよね」をカヴァーして横山剣さんとデュエットしたりもしているんです。(バッパーズが渋谷系か否かは意見の別れるところでしょうが…)




野宮さんのヴァージョンは探せなかったので、オリジナルの方を聞いてみてください







おもて寒いよね/吾妻光良&the swinging boppers (duet with 服部 恭子)






前作が約7年ぶりの発売で今回が約5年8か月ぶり、アルバム発売のペースだけなら、日本の「ボストン」と言えるかもしれません(笑)ファンとしては毎回「これが最後かも」「後は余生をライブだけやってって感じかも…」と思ったりしている処もあるので、今回良い意味で期待を裏切ってくれての新譜の発売は、うれしい限りです。




この機会にアマゾンで調べたら旧譜はほとんど廃盤で、物によっては結構なお値段になっていますね。こういうのって出た時に買わないとね。とんでもない値段になったりしますよね。




バッパーズをご存じの方も、そうで無い人も発売は5月22日です。是非1枚如何でしょうか?






因みにアフィリでもなんでもないので、購入先は各人ご自分で探して下さいね。(不親切ブログで申し訳ございません。)





最後までお読みいただき、ありがとうございました。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

ザ・イエロー・モンキー19年ぶりの新譜


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。






20181219-theyellowmonkey_full_R.jpg




もう「8」から19年も経つんですね。




ザ・イエロー・モンキー19年ぶりの新譜『9999』が、来年の4月17日に発売になるそうです。




今のところアナログ盤発売のアナウンスは無し…。




もしアナログ盤出たら久しぶりのデジ・アナ両方買いかな!山下達郎さんの「Ray Of Hope」以来。吉井和哉さんの「ヨシー・ファンクJr. 〜此レガ原点!!〜」は、アナログ盤しか買わなかったし…。





今回の新譜の楽しみは色々あるけど、まずマニアックな処ではギターのエマさんが、最近ビザール系のギターづいている事ですね。「天道虫」のPVではハーモニー?のギター弾いていたし、LAで撮ったらしい下記の動画ではストラトトーン?弾いているし。





THE YELLOW MONKEY – STORY of THE YELLOW MONKEY #01




エマさんってビザール・ギターのイメージ全然ありませんでしたけど、「天道虫」はPVで弾いているハーモニーで録ったんですかね?全く違和感ないというか、凄く良いですよね。





THE YELLOW MONKEY – 天道虫






これからステージでもビザール・ギターをガンガン弾いてくれるなら、ビザール・ギター好きとしては大歓迎なんですけどね。期待してます。




では、アナログ盤の発売を祈りつつ、とりあえず(CD+DVD)の初回限定盤予約して、発売日を楽しみに待つ事にします。







ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

新譜を続けて購入しました!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




1月9日に9月に予約しておいた、THE YELLOW MONKEYのシングル盤(新譜)が届いた事は前のエントリーで書かせて頂きましたが…




なんと1月中に、また新譜を購入してしまいました!




完全に旧譜偏重でレコードを購入していますから、新譜を月に2枚も購入するなんて、いつ以来であるか覚えていないくらい久しぶりです。




ブログに書いちゃう位珍しい連続新譜購入ですが、今回購入したのはこのブツです。






lillimae1_R.jpg
Lillie Mae/Forever and Then Some

※このレコードの発売は2017年4月なので、正確には新譜とは言えないかもしれませんが、最近のブログ主の感覚で言うと、もう完全に新譜の範疇なので今回は新譜と呼ばせて頂きます(笑)






リリー・メイ女史は、日本ではあまり知名度が高いとは言えないかも知れませんが、ジャック・ホワイトのバンドでフィドルとかを弾いていた女性なので、ジャック関係の記事や写真で見た事ある人はいらっしゃるのでは無いでしょうか?




因みにジャックのバンドでは、こんな感じでした。






Bp00e5PCYAEqbFy_R.jpg




日本で知名度が高く無いと書きましたが、ブログ主もリリー・メイ女史を知ったのはつい最近です。きっかけはサードマン・レコードのサイトを見ていて、彼女の出しているシングル盤のジャケットに魅かれて…。






lilliemae45_R.jpg
Lillie Mae/Over the Hill and Through the Woods
※ブログ主が、リリー・メイ女史を知る切っ掛けとなったシングル盤です。




「このジャケの写真凄く良いなぁ」と思って色々探っていて行ったら、アルバムを出している事をが解ったので迷わず購入した次第です。






このアルバム、モヒカン女性の顔のアップのモノクロ写真がインパクト有りのジャケットですが、内容は王道カントリー・ポップという感じで、すごく聞きやすい盤で…




万人にお薦めできるアルバムでした。






彼女はまだ若いようですが、芸歴は長いみたいです。




音楽業界は不況と言われて久しいですが、そんな中でも彼女のような才能が隠れていたんですね。




アメリカの音楽業界の、懐の深さを感じずにはいられません。




サードマン・レコードは、不況で益々保守化が進む大手レコード会社が興味を持たないようなリリー・メイ女史のような人をドンドン世の中に出してくれるようなので、今後も期待大です。




次の新譜の購入も、サードマン・レコードの可能性が高い気がします。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

THE YELLOW MONKEYのアナログ・シングル盤が届きました。


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




少し前の話になりますが、1月9日にTHE YELLOW MONKEYのシングル盤「ZIGGY STARDUST(ピクチャーディスク)」が届きました。



ちょっと厚手のビニールに入って…




見た目はこんな感じです。




ziggystardust_TYMS1_R.jpg
THE YELLOW MONKEY /ZIGGY STARDUST(7インチ・ピクチャーディスク)表




ziggystardust_TYMS2_R.jpg
THE YELLOW MONKEY /ZIGGY STARDUST(7インチ・ピクチャーディスク)裏




この曲、昨年の9月に配信ではリリースされていたのですが当然配信では聞かず(笑)今回アナログ盤を入手して、無事聞く事が出来ました。



長い道のりでしたが、何せAmazon限定販売のブツですから、こう言うのって最初に買っておかないと、とてつもない価格になってしまったりしますからね。(例えばボール・マッカートニーのアナログ盤とか)9月の時点で迷わず予約したのは、正解だったと思います。



内容は愛が溢れた完全コピーバーション!そしてうれしいのはB面が配信では聞けない「ZIGGY STARDUSTのライブ音源in 渋谷La.mama」という事です。これだけでもアナログ盤を買った甲斐があったというものですよ!(歌唱も演奏もライブの方が良いです!私見ですけど…)



「待てば海路の…」??「急がば回れ」??




良い買い物が出来ました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR