FC2ブログ

ジャパン・ヴィンテージ・ギターの写ったレコード・ジャケット


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


ヴィンテージ・ギターの世界には「ジャパン・ヴィンテージ」というカテゴリーがあります。「ジャパン・ヴィンテージ」の詳細は、wikiで参照出来るのですが…。

ジャパン・ヴィンテージwiki


ブログ主の「ジャパン・ヴィンテージ」に対する解釈は、wikiとは少し違うかも知れません。

60年代のエレキブームが終わって、所謂今でいう処のビザール・ギターは衰退しました。そして70年代になり国産のギターメーカーは、如何に外国産ギターの精巧なコピーモデルを作るか!に血道をあげるようになります。その中で大手と言われるメーカーは、独自のオリジナルモデルも発売しました。世界的には「B.C.リッチ」と「アレンビック」というスル―ネック構造を採用したメーカーが人気を得ていたため、国産メーカーのオリジナルも、スル―ネック構造採用したモデルが多かったように思います。代表的な処ではグレコのGOシリーズですね。まさに「みんなグレコで大きくなった」の時代です。ブログ主の解釈では、この時期に発売された国産ギターメーカーのオリジナル・モデルを「ジャパン・ヴィンテージ」と呼びたい。もちろん良く出来たコピー・モデルのジャパン・ヴィンテージも魅力ありますけど、とりあえず今回のエントリーでは、オリジナル・モデルに限定させて頂きました。



「ジャパン・ヴィンテージ」の全盛期に、ブログ主はギターを弾きはじめました。だから思い入れは相当あります。(でも現在では1本も所有していませんが…)




そんな思い入れの強い「ジャパン・ヴィンテージ」のギター(又はベース)が写ったレコ―ド・ジャケットを集めてみました。(前説長すぎ!ですね)







まずは文句なしに「ジャパン・ヴィンテージ」と言いきれる、70年代に発売されたギターです。




最初はこちらです。






fukusimakuniko_1st_R.jpg
福島邦子/アイム・レディ




福島邦子さんは当時ヤマハ主催のコンテスト(ポプコン)出身の人なので、ジャケでヤマハのギターを持っているのは、完全にエンドースでしょうね。【ヤマハのSC1200】当時は名うての不人気機種(笑)というイメージがあります。(私の周りで弾いており人は1人も居ませんでした。)でも今見ると良いんですよね。作り良さそうだし。思わず欲しくなる1本です。






続いてはこちら






bosanova_R.jpg
福島邦子/ボサノバ(EP)




今度はシングル盤のスリーブですが、連続で福島邦子さん登場です。只でさえ少ない「ジャパン・ヴィンテージ」の写ったレコジャケなのに、2つの作品でジャケに「ジャパン・ヴィンテージ」を使用していて下さるなんて。福島邦子さんには「ジャパン・ヴィンテージ・クィーン」の称号を送りたくなります。写っているのはヤマハのSJ500?ですかね?






次はこちらのアルバムです。






godiego_MC_R.jpg
ゴダイゴ/マジック・カプセル




嘗て大ヒット曲を連発していた頃のゴダイゴのライブ・アルバム「マジック・カプセル」です。浅野孝巳さんのGOⅢとスティーヴ・フォックスさんのGBⅡが、しっかりと写っていますね。当時はなんといっても、グレコが一番人気でした。ブログ主もGO700持ってましたし(笑)でもこのアルバムに写っているGOⅢが出る頃には、グレコ人気にも少し陰りが見えていた時期だった記憶があります。だから今中古市場で、GOⅢってレアで結構高値なんですよね。






次は王道。今でも現役バリバリの、このギターです。






takanana_suparlive_R.jpg
高中正義/スーパー・ライブ




高中正義さんといえはヤマハのSGですが、レコジャケに写っているのはこのアルバムしか探せませんでした。「ジャパン・ヴィンテージ」の中でも数少ない、今も生き残っている機種ですね。その辺りは、流石ヤマハさんといった処でしょうか。






結構必死に探したのですが、70年代に発売された「ジャパン・ヴィンテージ」が写っているレコ・ジャケは以上の4枚しか探せませんでした。※あとジューシー・フルーツの「なみだ涙のカフェテラス」にグレコのブローラーが写っていますが、ブローラーは以前のエントリーで「最期のビザール・ギター」として紹介してしまったので、今回は外させて頂きました。でもあれも紛うことなき「ジャパン・ヴィンテージ」ですけどね。








そして80年代に入ると、国産ギター界の勢力図は徐々に変わって行きます。原因はスル―ネック・ギターの衰退やフロイド・ローズの登場、フェンダー・ジャパンの設立などあると思いますが、グレコがトップを快走する時代は終わり、ESPやフェルナンデスが人気を得て来ます。その辺りに発売されたギターは、今でも現役の物が多い事もあり「ジャパン・ヴィンテージ」と呼ぶには少々抵抗があります。なので今回のエントリーでは70年代に拘ろうと思ったのですが、最後に1枚!ヤマハのSF7000という80年代の頭に出たギターが写ったアルバムがあるので、それを紹介させて頂き、今回の特集を締めたいと思います。最後はこのアルバムです。






R-9167499-1475953540-8869_R.jpg
和田アキラ/THE GUITAR






以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。











ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ぶっとびジャケット15


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




世の中には「エロ・ジャケ」というものがございます。




読んで字のごとく、エロい写真や絵を使ったレコード・ジャケットの事なのですが、中でもジャズ系のインスト集のブツは趣があって大変結構な物が多数ございます。。




小生は流石にそこまで守備範囲を広げる余裕は無いので、コレクションはしていないのですが、それでもネットでレコードを掘っていると目に入って来ます。




今回の【ぶっとびジャケット】は、偶然見つけた未入手・未聴のエロ・ジャケをご紹介します。






こちらです。






odasatoru_ero_R.jpg
尾田悟とブルースターズ・オーケストラ / 夢は夜ひらく-テナー・サックス ブルースを歌う-




如何でしょうか?




お尻好きをターゲットにしたのだと思いますが、ここまで来るともうエロとかを越えた迫力を感じますね。




因みにこのアルバムは未入手なため、出来るだけ綺麗に写ったジャケットの写真が欲しくて「画像検索」をしてみたのですが…。




「類似の画像」としてヒットして来たのは、下記の画でした。






b0276434_00522427_R.jpg




バターナッツというかぼちゃの一種だそうです。




人体よりも野菜に近いという事でしょうか(笑)




深いですねぇ(笑)エロ・ジャケの世界。






では今回はこの辺で…。






最後までご覧頂きありがとうございました。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

似ているレコード・ジャケット(久しぶりに…)


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




随分前にO.V.WRIGHTの「MEMPHIS UNLIMITED」とThe Commodoresの「Hot On The Tracks」のジャケットが似ている!という記事を書いたのですが…。




似ているレコード・ジャケットといえばパロディ・パクリ・トリビュート、そんなのを集めた書籍も出版されていたりますから、当ブログのような弱小が同じ事をやっても意味無いし、おもしろくありませんよね?




なので当ブログでは、似ているレコジャケといっても「全く意識して無いのに、偶然似てしまった!」のを採用したいと思っているのですが、そうなると小生レベルにはかなりハードルが高くて、なかなか良い物が探せません。今回やっと「似ているレコード・ジャケット」を二組探せたので、久しぶりに発表させていただく事にしました。




まず最初は、こちらです。




knack2_1_R.jpg
ザ・ナックのセカンド・アルバム(邦題:ナック2)

このレコジャケに似ているのが




こちらです。




anata_R.jpg
小坂明子/あなた‐小坂明子の世界




どちらも暗闇に浮かぶ女性の横顔と、スチールパイプみたいなのも(小坂明子さんの方はマイクスタンドですよね?ザ・ナックの方は??これ何なんですかね?)なのですが…。




小坂さんの方は1974年でザ・ナックの方は1980年に発表されたモノなので、真似したとすればザ・ナックの方という事になりますが、これは偶然似ですよね?如何でしょう?





続いては、こちらのアルバムです。




live_killers_R.jpg
Queen/Live Killers




クィーンのライブ・アルバムに似ているのは…




こちらです。






the_red_garland_trio_R.jpg
RED GARLAND TRIO/Bright & Breezy




こちらは、レッド・ガーランド・トリオの方が1961年、クィーンのライブ盤は1979年の発表です。写真の色合いが偶然似てしまったところに、全体のレイアウトも似ていたので、似たレコジャケになってしまったんでしょうね?これも完全に偶然だと思います。




以上2組の(偶然?)似てしまったレコード・ジャケットでした。




如何だったでしょうか?




また良いブツが見つかったら発表させて頂きます。




最後までご覧頂き、ありがとうございました。





ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

ぶっとびジャケット14


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





今回の【ぶっとびジャケット】は、ネットでソウル系のブツを漁っていて出会いました。




先ずはご覧下さい。




loveship1.jpg
LOVESHIP / LOVESHIP




如何でしょうか(笑)


初めて見た時は、絶句してしまいました。


どうも宇宙船というか、宇宙的なイメージを表現したいようなのですが…


まず衣装が凄過ぎます!


今時こんなの着ているのは、タケモト・ピアノのダンサーの人くらいでしょう!

takemotopiano.jpg






更に凄いのは、人物奥の機械類?を表現したと思われる部分です!






拡大してみました。




loveship3_R.jpg





「最初は手書きか?」と思ったのですが(笑)流石にそうでは無いようです。



でもどう見ても、型抜きされたペラペラの銀色の紙にしか見えません。



地方局で放送されたコント?






しかしこのレコード、ジャケットに似ず、内容は正統派なソウル・ヴォーカル・グループモノみたいです。



結構なレア盤のようで、未入手なので多くは語れませんが…






このアルバムが発売された1982年は、産業ロック全勢の頃ですから、音楽業界は好景気に沸いていた時期でした。



そんな時でもインディで、特にブラック・ミュージック系は「本当にお金無かったんだなぁ」というのを証明しているジャケです。



しかし不利な条件に負けず、多くの黒人ミュージシャンが、小さなレーベルに素晴らしい音楽を沢山残して下さいました。



それが現在ファンク45やソウル45、ノーザン・ソウルとなっているわけですよね。



先人に感謝です。






最後に、このアルバムの裏ジャケ?またはスリーヴのようなのですが、こんな写真を見つけました。

loveship2.jpg



なんか、もうこっちが表ジャケットで良くねぇっすか??






それはお後がよろしいようで(笑)



最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

宇宙船(UFO)レコード!?


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



前月、埼玉でUFO騒ぎがあったそうですね?

何事も情報が遅い当ブログですが(笑)、全然知りませんでした。

テレビでは結構な騒ぎになっていたようですし、ネットのニュースでタイトルくらいは見た気もしますが、騒ぎが最高潮の時は全くご縁がありませんでした。

しかし残念ながら今回のUFOの正体は、スカイダイバーさんだったらしいですね。




本物のUFOを発見するのはなかなか難しいものですが、レコード・ジャケットの世界には本物の?宇宙船(UFO)レコードが存在が確認されています。




それではレコジャケ界のUFOの観測例を、ご一緒に見て行きましょう。
※SF映画のサントラやUFO(バンド名)の作品は、あまりにもベタなので選考から外しました。




宇宙船ジャケットといえば、まずは何と言ってもこのバンドです。






BostonBoston_R.jpg
ボストン/ボストン(邦題:幻想飛行)




ボストンは、全てのアルバム・ジャケットに宇宙船が描かれていますが、今回は一番思い入れの強いファースト・アルバムを選びました。この宇宙船(ボストン号?)は上部に建物があるように見えますね。かなり大型の船であるようです。






続いては、こちら






51URm-MXncL_R.jpg
ELO/アウト・オブ・ザ・ブルー




セカンド・アルバムは、豆電球が宇宙に浮いているような可愛らしい宇宙船でしたが、時を経てELO号もこんな立派な宇宙船になりました。飛行機のような物を格納しようとしていますから、こちらも母船クラスの大型宇宙船ですね。






次はこちらのレコジャケです。






Parliament_MothershipConnection_R.jpg
パーラメント/マザーシップ・コネクション




このUFOは、打って変わって小型機ですね。裏ジャケ見ると良く分かりますが一人乗りっぽいです。「ちょっと近所のコンビニまでUFOに乗って」って感じでしょうか?(でもタイトルはマザーシップ・コネクション?)






次は国産UFOの、こちらです。






86007557_R.jpg
スペクトラム/スペクトラム2




ちょっと平べったいですけど、これはUFOですよね?国内では数少ない観測例です。ザ・コレクターズの「UFO CLUV」とかもありますけど、ちょっとベタなので今回はこちらを選びました。






最後はこちらのレコジャケです。






MASSCD1348DG_R.jpg
イアン・ギラン・バンド/鋼鉄のロック魂




なんだか重そうな宇宙船ですね。ガタイの割にエンジンが貧弱に見えます。こんなので宇宙までの辿り着けるのでしょうか?しかも原題が「clear air turbulence」ですからね。所謂エアポケットって事ですよね?なんだか心配になります。






以上5枚のUFOの観測例をご紹介させて頂きました。また観測出来たら紹介したいと思っていますが、今回もそうなんですけど、宇宙船(UFO)ジャケットって、探してみたら思っていたより有りませんでした。そういう意味では希少なのかも知れません。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR