FC2ブログ

2014年、アメリカで最も売れたアナログ・レコード

2014年、アメリカで最も売れたアナログ・レコードのトップ5が発表になったそうです。順位は以下の通り

1位:ジャック・ホワイト『ラザレット』(年間トータル売上枚数75,000枚)
BkL0WrjCcAAbxc_R.jpg

2位:アークティック・モンキーズ『AM』(同40,600枚)
61emLqdQ8QLSL1200_R.jpg

3位:ブラック・キーズ『ターン・ブルー』(同28,300枚)
411UcrBsGILSX425_R.jpg

4位:ラナ・デル・レイ『ボーン・トゥ・ダイ』(同27,200枚)
81vUKQtA67L_R.jpg

5位:ベック『モーニング・フェイズ』(同25,200枚)
beckmorningphase_R.jpg

2014年度のアメリカのアナログ・レコードの総売り上げ枚数は790万枚で前年比49%増だそうです。CDは無くなってもアナログ・レコードは残るのではって言われていますからね。前年比49%は凄い伸びです。でもアルバム・トータル・セールスの約2%分しかないらしいですけどね。こう言う数字を聞いちゃうと何と言うか、何て言っていいか分かりませんね。アナログの拘る自分は村社会の住人なんだなぁと感じてしまいます。

とはいえまだアナログ・レコードのフォーマットで作品を発表してくれるミュージシャンがいてくれるのは嬉しい限りです。商売としてはプラスは無いんでしょうけど、それでも発売し続けるめには、最低限の売り上げをクリアしなくてはいけないはずです。今回紹介したベスト5のアナログ盤も興味のある人は是非購入して見て下さい。


老舗電子楽器メーカーを守ろう!



ローランド、TOB成立でもくすぶる「火種」
東洋経済オンライン 7月18日(金)6時0分配信
http://toyokeizai.net/articles/-/43017

ローランド、TOB成立でもくすぶる「火種」
電子楽器の老舗、ローランド。TOBが成立したが、MBOをめぐる火種はまだくすぶっている(撮影:今井康一)
注目を浴びているMBO(経営者による買収)が大きく進展した。電子楽器大手のローランド <7944> は7月15日、MBOに向けた特別目的会社によるTOB(株式公開買い付け)が成立したことを発表した。 TOBには全部で1840万5485株(発行済み株式の82.9%)が応募。成立要件だった買い付け予定数の下限(1479万8500株、同66.6%)を上回った形だ。今後は臨時株主総会を経て、ローランドは今秋にも上場廃止になるとみられる。

 「投資ファンドに根こそぎやられるのは情けない。社員も誇りを失って、会社を辞めていくかもしれない」。ローランドの創業者で、同社株の約10%を保有する筆頭株主だったローランド芸術文化振興財団の理事長でもある梯(かけはし)郁太郎氏は、悔しさをにじませた。
(後略)


先日の山水電気に続いて、ローランドも経営ヤバそうです。

音楽不況は当然ハードのメーカーも直撃してますね。

我が家にもBOSSも含めた結構な量のROLAND製品ありますし、なんとか頑張って頂きたい所です。

記事にありますが、社員の方々が誇りを失って退職され、技術力が落ちたりするだけで、日本の音楽業界に与える影響は絶大です。

がんばれROLAND!

近い内に何か買おうかな?

新品ね!

チープな音が出るリズムボックスが欲しいんですが…。

ROLANDにしようかな?

今はTR909使っているんですが、もう少し小さくて取り回しの良いのがあれば…。

roland_tr909_R.jpg


みなさまも是非、ROLANDを応援して下さい!


音楽業界の売り上げが上がるのはうれしいが、これはちょっとなぁぁ。

以下毎日新聞より引用です
http://mainichi.jp/select/news/20140627k0000m040055000c.html
<キャバクラ>生演奏「著作権を侵害」 東京地裁判決
毎日新聞 6月26日(木)21時22分配信
 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、管理する楽曲をキャバクラ店がピアノで生演奏しているのは著作権侵害だとして、演奏の差し止めなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、キャバクラを経営する3社に生演奏の差し止めや約1570万円の支払いなどを命じた。

 経営3社側は「演奏と収益は関係がない。ピアノはインテリアとしての要素が圧倒的に強い」などと主張したが、高野輝久裁判長は「演奏で雰囲気作りをした店を好む客を集め、利益を増やす狙いだった」と退けた。店内ではJASRACが管理する楽曲が少なくとも1日10曲は生演奏されていたと認定した。

 判決によると、3社は東京・銀座や六本木で80~120席の高級キャバクラ3店を経営(うち1店は閉店)。客が女性の接客を受けるフロア内で、ピアニストにジャズやポップスなどを演奏させていた。基本料金は1時間1万~1万5000円前後だった。【山本将克】

引用以上。

違和感ありますよねJASRAC。

生演奏で金取っても良いけど、もっと安価で済むんじゃないの?

JASRACが集金した金の内、ミュージシャンに渡るのは3%以下って話ですけど、残りは何処に行くんですか?

これをJASRACが公開していないんですよね。ここが大問題。

「特定秘密保護法案反対」で大騒ぎしている連中は、こっちにもっと突っ込んでくださいよぉ。

こうした日本の昔からの悪しき伝統、利権構造がますます音楽業界の衰退を招いています。

これを打破するには、一度今の構造を完全に破壊するしかないのかもしれません。

でも音楽が金にならないってなったら、才能は集まりそうに無いしなぁ。

難しい問題です。まずはJASRACが全て情報公開する事!ここからですね、お話は…。

ヴィンテージギターの価格???

音楽不況が続く中で、音楽を作る道具である、ギターの価格は影響を受けているのか?

特にヴィンテージのエレキギターの価格に絞って調べてみたのですが…

まずは楽器屋さんが、広告に価格を表示しない(所謂askってやつ)場合が多いのと、同じ年式の楽器でもコンディションによる価格差は当然生まれるので、単純比較は出来ませんでした。

なので参考までに…
まずは「PLAYER誌」1993年8月号掲載の、今は無き中野「ギターハウス」と、今も健在の新大久保[HYPER GUITARS」の広告を見ると、

199308player_R.png

ますはギターハウス掲載のギブソン・レスポール55年スタンダード、ゴールドトップ・フルオリジナルが、大特価で88万円

199308player_ghouse_R.png

片や新大久保[HYPER GUITARS」(当時は豊島区南大塚にありました)の
ギブソン・レスポール58年スタンダード、オリジナルのチェリーサンバーストが、450万円、同じくレスポールですが、58年ゴールドトップにリフィニッシュした物が、200万円でした。

200302player_hyperg_R.png

今から約20年前の価格の参考として下さい。

今この値段で、同じ物が買えますかね??

試しにj-guitar.comで検索してみましたが、流石にこのクラスになるとaskが多いですが、レスポールの55年前後もモデルでも、88万円はありませんでした。
コンヴァージョンモノでも150万以上、フルオリジナルだと250万円は下らない感じです。

こうして比べると、音楽不況はヴィンテージギターの価格には影響は与えていない事が解りました。

しかし長い目で見ると、音楽愛好家が減れば、ヴィンテージギターの需要も低下し、価格も下落するはずなんですが、まだその時期には来ていないという事でしょうか。

確かにギターに限らず、ビンテージ楽器は値上がり続けている感じはします。

特にワシントン条約とかうるさく言われ出した頃と、各メーカーがカスタムショップ等でレリックや精度の高いヴィンテージを再現するようになるのと同時に、本物のヴィンテージギターの価格が上がって来ているように感じます。

この辺の価格って誰が操作してるんですかね?

機会があれば、次は今から10年前のヴィンテージギターの価格を調べてみたいと思っています。

10年で、約半分の売り上げにダウン

日本レコード協会が発行している、過去10年の売上推移です。
レコード売上+
2004年の総売り上げが3773億に対して、2013年は1984億円、約48%ダウンです。

別の業界ならお手上げ状態でしょうね。実際音楽業界もヤバそうです。

しかし音楽が売れなくなったのであれば、それに付随する楽器やミュージシャン志望者、音楽制作ソフトの売り上げ等は、どうなのでしょうか?

調べてみる価値はありそうですね。

特に高騰を続けるヴィンテージギターの市場や価格と、売り上げが下がり続ける音楽業界との関係は興味あります。

ちょっと調べてみます。何かまとまったら、またこのカテゴリーでエントリーしてみます。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR