FC2ブログ

はじめて買った外国産のギター


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




lespaul80cmt010_R.jpg




先日、残念な事にギタリストの浅野孝己さんが、亡くなってしまいました。


Asano04.jpg


心よりご冥福をお祈り申し上げます。




浅野さんといえば、70年代当時(おそらく)神田商会とエンドースメント契約を結んで、グレコのギターの開発に携わられていたのだと思います。




ダブル・ネック・ギターやGCⅢ等、当時テレビで見る浅野さんは、いつもグレコのギターを弾いていた記憶があります。




時はグレコ全盛!「みんなグレコで大きくなった」の時代です。ブログ主もその時代にギターをはじめましたから、当然のように初めてのギターはグレコのギターを買いました。
(ジェフ・ベック・モデルのストラトのコピーモデルでした。)


grecose600j.jpg
GRECO SE600J
※当時所有していたギターと同モデルの写真です。





2本目のギターもグレコ製です。レスポールのコピーモデルを買った記憶があります。しかしこのレスポールのコピーは、何故が弾きにくいし音も当時憧れていたミュージシャンのレスポールの音と程遠いな(当然と言えば当然ですけどね…)という事で、それを下取りに出して中古でグレコのGO700を購入しました。これが3本目に手に入れたエレキギターです。


grecogo700.jpg
GRECO GO700
※これも当時所有していたギターと同モデルの写真です。


このGO700!良いギターでした。弾きやすいし音も良かったです。なので少しの間、このGO700を弾いていました。






しかし…




ギブソンのレスポールに対する憧れが、押さえられなくなってしまい、行きつけの楽器屋さんのショーウインドウの中に入っていて、簡単には試し弾きも出来なかった、ギブソンのレスポールを購入してしまいました。




高かったです。1ドル220円代の時代ですからね。当然一括払いで買えるような金額ではありません。しかもブログ主はまだ10代半ばでした。 親に保証人を頼んで、人生初のローンを組んで…。(当時親が事業をしていたので、そこでアルバイトをする約束をして…)




そしてついに憧れのギブソンのレスポールを手に入れました。うれしかったですね。それこそ抱いて寝ました(笑)ここではじめて外国産のギターを手に入れる事が出来たわけです。






それがこのギターでございます。当然まだ我が家にあります。
lespaul80cmt010_2_R.jpg



lespaul80cmt008_R.jpg
全体像withケース
※リア・ピックアップのカバーを外したのはジミー・ペイジ、ピックガードを外したのはデュアン・オールマンにかぶれてたのかな?

lespaul80cmt016_R.jpg



lespaul80cmt018_R.jpg
今では傷や塗装の剥がれが、多数あります。




そして新品で買いましたから、こんなのも入っていました。まだギブソンの住所がカラマズーです。
lespaul80cmt027_R.jpg



しかもこのギター音も最高で、その後は結構長い間メインギターとしてこれを弾いていました。 ステージでもスタジオでも、これ1本という時代が10年以上続きました。(特に貧乏バンドマン時代は…)




このギター、シリアルを見ると1980年製なのですが、同時期のスタンダードはトップが3ピースだし、ギブソンのレスポール・カラマズーとも違うし、謎のギターだったのですが、良い時代になりました。今回のエントリーのために調べたら、正体が分かりました。




このギターはギブソン レスポール スタンダード CMT (カーリー・メイプル・トップ)といって、ギブソン社がミシガン州カラマズーからテネシー州ナッシュビルに移転する直前に、当時グレコや東海楽器等の高品質なレスポールのコピーモデルが市場を席巻していた日本市場に向けて、良い木材を厳選して450本程度作られたレスポールのようです。




ヴィンデージとしての価値は全然高くないですし、この時期のレスポールですからものすごく重いギターなので、流石に最近は外に持ち出す機会は皆無ですが、この音は他に替えが利きません。多分死ぬまで手放さない1本だと思います。






こんな感じです。(かなり長くなってしまいました。)






以上、久しぶりに自分のギター紹介、自己満足エントリーでした(笑)






最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

久しぶりの【食いジャケ】紹介


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。





猫の写真やイラストを使ったレコードジャケットは「猫ジャケ」、
では食べ物を使ったジャケットは「食いジャケ」?

食いジャケの定義=同じ食べ物でも、素材を使った物(果物とか野菜を、そのまま使った物)は有りがちですが、調理された料理を使ったジャケットはあまりみかけない。①調理された食品である事。②ジャケットには食品のみが写っている事。以上を当ブログに掲載する食いジャケの定義としています。(今後例外もあるかも知れませんが…)





昨年の6月以来の【食いジャケ】紹介です。探せば有るものですねぇ。




最初はこのシングル盤から!






japanesebeetles_R.jpg
THE JAPANESE BEETLES/COOK OUT




少年ナイフの中谷美智枝さんが参加したバンドの、シングル盤のようです。ジャケはキャンプ飯みたいな感じですね。焼いているのはチキンとアルミホイルで蒸し焼きにされた何か?






続いてはこちら!







suzukisigeru_cutback_R.jpg
鈴木茂/CUT BACK




鈴木茂さんのクラウン時代のベスト盤です。名曲満載ですね。ジャケはちょっと焼きすぎたトースト?ラスク?「CUT BACK」というタイトルは、ちょっと意味深??









続いては、スィーツを使ったレコード・ジャケットが纏まって見つかったので、最後はスィーツ【食いジャケ】4連発!









R_1344972_1301183733jpeg_R.jpg
Yellowjackets/Politics

アメリカのフュージョン・バンドのアルバムです。蜂が気になりますけど、これはバンド名(イエロー・ジャケット=スズメバチ)繋がりなんでしょうね。しかしこのジャケットでタイトルが「Politics」って…?




51lOGSzqShL_AC__R.jpg
佐野元春/SWEET16

佐野元春さんの8枚目のオリジナル・アルバム。これはストロベリー・パイでしょうか?なかなかの【食いジャケ】です。




R_4265035_1383870420_1979jpeg_R.jpg
BILL BERRY/SHORTCAKE

アメリカのジャズ・トランぺッターのアルバム。アメリカのショート・ケーキってこんな感じなのでしょうか?日本の物とは随分違いますね。




bobbyvee_R.jpg
LESLEY GORE/BOBBY VEE/FOREVER SEVENTEEN

レスリー・ゴーア&ボビー・ヴィー。 アメリカの60年代アイドルのアルバムらしいです。ジャケのケーキは、もし実食したら想像よりも甘味が強いんでしょね!きっと(笑)









以上です。






今回紹介した6枚含めて、当ブログで紹介させて頂いた【食いジャケ】も43枚になりました。毎回「これ以上は探せないかな?」と思っているのですが、レコジャケの世界は奥深いです。今の処【食いジャケ】ネタのストックは0ですけど、また新しいブツが見つかったらご紹介させて頂きます。






最後までご覧いただき、ありがとうございました。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



素晴らしき”ブルースハープ”の世界(その2)


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




前回のエントリーで「素晴らしいブルースハープの演奏が聴けるレコードを、手持ちのブツの中から何枚か紹介しよう」としたのですが、長くなり過ぎたので次回に回させて頂きました。




という事で、今回は「素晴らしき”ブルースハープ”の世界(その2)」として、何枚かレコードの紹介をさせて下さい。






まずは私にとってブルースハープと言えば、なんと言っても故妹尾隆一郎さんです。何度も生でしかも殆どライブハウスという狭い空間で間近で、妹尾さんの演奏を聞く事が出来ました。古今東西ブルースハープの巨匠は多いと思いますが、やはり生に勝るもの無し!という事で、妹尾さんの演奏が一番強烈に印象に残っています。初めて聞いた時は(確か次郎吉だったと思いますが…)「あぁブルースハープって、こんなに自由自在に操れるものなんだ!」と驚いた記憶があります。




そんな妹尾隆一郎さんの素晴らしい演奏が納められた盤は数々ありますが、今回はこちらにさせて頂きました。






roollercoaster_keepongoing_R.jpg
ローラーコースター/キープ・オン・ゴーイン




実はこのライブ盤が録音された時に、会場であった高円寺「次郎吉」に居る事が出来ました。あの時の迫力や楽しさを100%とは言えませんが、充分に当日の臨場感が伝わる名盤だと思います。妹尾さんの演奏も素晴らしい!惜しむらくはこの盤が(おそらくですが)CDでしかリリースされなかった事と、現在廃盤状態である事でしょうか。再発は…無理なのかなぁ。









rollercoaster_chirasi_R.jpg
追伸:この盤が発売された当時のチラシが残っていました。これも【ロック古物展】行きかな?(笑)









続いては、こちらです。







war_live_R.jpg
WAR/WAR LIVE




WARのライブ盤です。ブルースハープ抜きにしても大好きな盤で、今でもたまに聞きます。緩くてどす黒いグルーブの中、リー・オスカーのハープが気持ち良いんですよ。ジャケットにバンド名もタイトルの表記も無し(発売時はステッカーが貼られましたが…)、演奏中のメンバーの写真満載のジャケは、やはりアナログ盤で持っていたいですね。内容ももちろん名演!名ライブ盤だと思います。










そして今回最後にご紹介させて頂く盤は…!






The J. Geils Bandの"Live" Full Houseにしようかとも思ったのですが、ライブ盤ばかりになってしまうので、最後はスタジオ盤にする事にしました。Dr Feelgoodの「Down By Jetty 」と迷ったのですが、今回はこの盤で…。









paul-butterfields-better-d_R.jpg
paul butterfield's better days/Same




ジャケットからしてこんなに大きくブルースハープを映してくれている盤は、他に類を見ません(笑)もちろん内容もブルースハープはもちろん、その他の演奏も素晴らしいです。もろブルースだけというわけでは無く、カントリーとか南部の感じも濃くて黒っぽさは薄目で、録音はシンプルであるが故に良い音で取れていて、聞いていて本当に気持ちの良い音です。ブルースハープをやるなら、是非押さえておきたい名盤です。






以上、2回に渡ってブルースハープネタで書かせて頂きました。




今回ご紹介させて頂いた盤以外にもブルースハープの名演が聴けるレコードは、それそこ星の数ほどあると思いますが、今回はこの3枚とさせて頂きました。






それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

素晴らしき”ブルースハープ”の世界


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



私事なのですが、今年になってからブルースハープの練習をしています。




腕前は初心者レベルですが、ブルースハープを始めたのは古くて、今から40年前に友達とアコースティックギターのデュオを組んで、JOHNNY,LOUIS&CHAR の【You're Just Wrong】をやる事になり、何の情報も無く楽器屋にブルースハープを買いに行ったのが、最初でした。




その時買ったハープがまだあります。(如何に吹いていないかが、これでお分かりだと思います。)




これです。





tombo_bluesharp_R.jpg





トンボのメジャーボーイです。本体のデザインは現行品と殆ど同じようですね(Amazonの写真で見る限りですが…)。でもケースのデザインが大きく違うようです。※40年前の代物ですので、金属部分のくすみや傷はご容赦下さい。




初めてのブルースハープは、AのKEYの物を買いました。【You're Just Wrong】のKEYはGなのに何故Aのハープを買ったのかと言うと【ブルースハープがKEY別になっている事を知らなかったから】です(笑)恐ろしき無知ぶりですね。 




それで【You're Just Wrong】のハープのパートをAのKEYのハープでコピーしようとして(当たり前ですが)出来なくて、その後うやむやになった気がします。(でもギターは今でも弾けるので途中までコピーはしたのだ思います。)




その後1~2年して、今度はKEY=E のブルースを演奏する時にハープでも吹こうと思い、新しいブルースハープを買いました。




こちらです。







hohner_blusharp_R.jpg





ホーナーのブルースハープです。こちらは、本体もケースも現行品とはデザインが変わっているようです。(40年近く前の代物ですからねぇ。そりゃあデザインも変わります。)




この時はKEY=Eのハープを買いました。EのKEYのブルースをやるわけだから、Eのハープを買えば大丈夫だろうと思って購入したのです。そうです。ハープのKEYにセカンドポジションがある事など、知らなかったのです(笑)




というわけで、現在までに2本のハープを購入したのですが、その後は少し吹いてはあまりうまく行かなくて止めて、また気が向くと吹いて⇔止めての繰り返しで全然上達しませんでした。




ここ何年かはハープは放ってあったのですが、近年は有難い事にYoutubeとかでブルースハープの吹き方を解説してくれている動画とかもあるので、そういったものを見てその気になってまた吹き始めてみました。




もう2月も下旬ですが、今のところ飽きずに粗毎日吹いていて、ベンドとかビブラートとかもそこそこ出来るようになって来ました。今回こそはなんとか物にしたいものです。続けられそうなら他のKEYのハープも購入しようと思っています。




このあとは、素晴らしいブルースハープの演奏が聴けるレコードを、手持ちのブツの中から何枚かご紹介しようと思っていたのですが、長くなり過ぎたのでそれは次回とさせて頂こうと思います。




「素晴らしき”ブルースハープ”の世界」は続きます。






最後までご覧いただきありがとうございました。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


私の収穫 2019年


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




2019年は、前の年に開拓した比較的安価でまずまずのブツが手に入るルートがまだ利用出来たので、ちょっと買い過ぎたかもしれません。2018年の倍位の枚数のレコードを買ってしまいました。(当然棚はかなりやばい事になっています)




ただ2019年もレア盤を追いかける事はほとんど無かったので、高価なものは買っていません。状態の良くないブツを買い直したり(例えば国内盤なら帯無しを帯有にしたり)が多かったかな?なのでここで何を選んで2019年の収穫として発表するかは迷う処なんですけど…。




そういえば近年、状態の良くないブツを買い直したりする事以外に、やっている事がありました!CDで持っている盤のアナログ盤での買い直しです。




1980年代後半から90年代の頭に出た新譜は、CDで買う方が多かった。それを今になってアナログ盤で買い直したりしてます。当時は完全にCDに取って代わられていた時代なので今手に入れるのは結構大変だったりするのですが、それを(出来るだけ)安価で手に入れる事に血道をあげています(笑)




というわけで、2019年私の収穫は、そんなCDからアナログで買い直した盤にしました。




こちらです。






izumiya_selfcovers_R.jpg
泉谷しげる/IZUMIYA-Self Covers




泉谷しげるさんは、ザ・ルーザーと数枚アルバムを出してしますが、【吠えるバラッド】以外はアナログ盤で買うのは結構大変です。【HOWLING LIVE】と【'90s バラッド】はアナログ盤出ていないようなので、ザ・ルーザー絡みのアナログ盤ではこの【IZUMIYA-Self Covers】が一番の難関って事になりますかね?それを1,500円以下で入手出来たので、ケチケチ蒐集的にも大満足でした。地味ですが、この盤を2019年私の収穫とさせて頂きます。






以上です。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR