FC2ブログ

発売前の、新譜の紹介です。


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




日々購入するレコードは99%が旧譜でセコハンなのですが、現役で活動している比較的若いミュージシャンも聴きたいという願望は強いと自負だけはしているのです。




そんなおっさんマニアの希望を叶えてくれるのが、ジャック・ホワイト主宰のサードマン・レコードです。




この度(6/12に)サードマン・レコードからリリー・メイさんが2年ぶりのシューアルバムを8月16日にリリースすると発表がありました。




LM-JACKET-FRONT_R.jpg
Lillie Mae/Other Girls






彼女は日本での知名度はさほど高いとは言えませんが、とても聴きやすいカントリー・ポップ系の音楽をやっている女性ミュージシャンです。




オフィシャルから新曲のPVがあがっていたので、是非ご覧下さい。





Lillie Mae / “You’ve Got Other Girls for That” (Official Video)






今のところ(6/29現在)ニューアルバムのアナログ盤の情報は、アマゾンでもディスク・ユニオンのサイトでも掲載されていないようですが、サードマン・レコードですから出しますよね?絶対!アナログ盤!




前作は確かディスク・ユニオンのサイトで注文して、店舗で受け取った覚えがあります。今回も最安値で手に入る方法で、出来れば送料無料にして入手したいと思っています。




早く注文したいものです。




最後に…




ジャケットは前作の方が良かったな。でも前作のジャケはカントリー・ポップのジャケにしてはエキセントリック過ぎたかな??




それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。







ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

喰いジャケ!微妙なライン編


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




猫の写真やイラストを使ったレコードジャケットは「猫ジャケ」、
では食べ物を使ったジャケットは「食いジャケ」?

食いジャケの定義=同じ食べ物でも、素材を使った物(果物とか野菜を、そのまま使った物)は有りがちですが、調理された料理を使ったジャケットはあまりみかけない。①調理された食品である事。②ジャケットには食品のみが写っている事。以上を当ブログに掲載する食いジャケの定義としています。(今後例外もあるかも知れませんが…)





2月に【食いジャケ】ネタをアップしてからまだ4カ月ですが、【食いジャケ】に加えて良いものか悩むブツが2枚見つかりました。




両方とも問題はあるのですが、ここは強引に【食いジャケ】に加えたいと思い、ブログにアップする事に致しました。







まず最初はこちらのジャケットです。







bluesbusters_R.jpg
THE BLUESBUSTERS/ACCEPT NO SUBSTITUTE




ジャケット全面にクラッカーの写真が使われていて、これぞ【食いジャケ】という風格が漂うジャケットです。しかし【食いジャケ】の定義「調理された料理」という部分に引っかかる感じもします。家でクラッカーを材料から手作りする人はあまりいませんからねぇ。でも過去にチョコレートやガムが使われたジャケも【食いジャケ】認定してますからね!全然OKですよね?では「THE BLUESBUSTERS/ACCEPT NO SUBSTITUTE」【食いジャケ】認定確定です。




内容は未入手未聴なので詳しい事は語れませんが、名前の如く南部スワンプ系のブルースらしいです。リトル・フィートのメンバーとかいるらしいので、あの辺が好きな方には良いのではないでしょうか?






続いてはこちらのブツです。






nagoyahaeeyo_R.jpg
つぼイノリオ/名古屋はええよ! やっとかめ




名古屋のラジオパーソナリティー?、つぼイノリオさんのシングル盤です。




【食いジャケ】には料理以外のものは不要なので、下の方の人文字はいらないのですが、それを差し引いても見事な海老フライが6本とブロッコリー(かな?)が4つならんでいますね。文句無しの 【食いジャケ】としたいところですが、この海老フライどうみても食品サンプルですね。これでは食えない【食いジャケ】になってしまいますね。でもイラストの料理も良しとしていますから、この盤も【食いジャケ】認定でOKでは無いでしょうか?






やった!これで一気に2枚も【食いジャケ】が増えました。前回のエントリーで【食いジャケ】35枚だったので、今回加わった2枚を合わせて37枚になりました。






猫ジャケの本1冊分のジャケ200枚まではまだまだ遠いですが、【食いジャケ】ネタまだ行けそうですね。







今年中になんとか50枚まで持って行きたいな(笑)(無理かな?)






また頑張って探してみたいと思います。






それでは今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

新譜出るんですね!令和になってGO!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




日々のアクセス数など知れたものの当弱小ブログですが、それでも扱うネタによって多少の上下があります。




アクセスが上がるのは、その時に多くの人たちが話題いにしているであろう有名ミュージシャンの訃報や、超メジャー(特に歌謡曲系)な人のネタをエントリーした時です。




逆にアクセスが下がるのは、マイナーなバンドをネタにした時です。特に邦楽系にその傾向が強く名前を出してなんですが「ダディ竹千代&東京おとぼけcats」をネタにすると、びっくりする位アクセス数が上がりません。




そういう意味では、今回のネタも当ブログのアクセスアップ的には「?」なのですが、元々自己満足丸出しのブログですし、大好きなあのバンドが新譜を出すという事であれば、ブログのアクセス数など気にせず、世の中への影響は微々たるものだとは思いますが、進んで宣伝させて頂きたいと思い、今回のエントリーに至りました。






あの【吾妻光良&the swinging boppers】が新譜を出すそうです!




タイトルは【Scheduled by the Budget】!




発売日は令和元年5月22日(水)





azumamituyosiSSNS_R.jpg
吾妻光良&the swinging boppers/Scheduled by the Budget





ソニーの特設サイトもあります!是非見に行ってみて下さい。
https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Boppers/special_190522/






如何でしょうか?バッパーズの事を良く知らない方、見た目は冴えないおじさんバンドですけど、表面だけで判断しないで下さい。曲を聴いて歌詞を読んで下さい。ねっ!?抱腹絶倒な楽しい曲でしょう?でもこれをコミックバンドなんていうセンスの無い人とはお友達にはなれません。40~50年代のジャンプやジャイヴ(それと一部のジャズやブルースもかな?)には、楽しくて笑える歌詞の曲が多かったんですね。バッパーズはそれを踏襲してわけです。




決してメジャーなミュージシャンではありませんが、どなたにも力いっぱいお勧め出来るバンドです。特設サイトを見ていただければ分かると思いますが、同業者のファンも多いバンドなんですよ。(錚々たる人達のコメントが載ってましたでしょ。)あの元ピチカート・ファイブの野宮真貴さんのアルバム「渋谷系ソングブック」でバッパーズの「おもて寒いよね」をカヴァーして横山剣さんとデュエットしたりもしているんです。(バッパーズが渋谷系か否かは意見の別れるところでしょうが…)




野宮さんのヴァージョンは探せなかったので、オリジナルの方を聞いてみてください







おもて寒いよね/吾妻光良&the swinging boppers (duet with 服部 恭子)






前作が約7年ぶりの発売で今回が約5年8か月ぶり、アルバム発売のペースだけなら、日本の「ボストン」と言えるかもしれません(笑)ファンとしては毎回「これが最後かも」「後は余生をライブだけやってって感じかも…」と思ったりしている処もあるので、今回良い意味で期待を裏切ってくれての新譜の発売は、うれしい限りです。




この機会にアマゾンで調べたら旧譜はほとんど廃盤で、物によっては結構なお値段になっていますね。こういうのって出た時に買わないとね。とんでもない値段になったりしますよね。




バッパーズをご存じの方も、そうで無い人も発売は5月22日です。是非1枚如何でしょうか?






因みにアフィリでもなんでもないので、購入先は各人ご自分で探して下さいね。(不親切ブログで申し訳ございません。)





最後までお読みいただき、ありがとうございました。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

永遠に忘れません。


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




レコードジャケットを加工して、亡くなってしまったミュージシャだけを消してしまう。そんな作品が多数掲載されたサイトを知ったのは、少し前の事なのですが…。




liveiseedeadpeople
https:/liveiseedeadpeople.tumblr.com/




tumblr_lqfrl0xMKx1r286y6o1_500_R.jpg



tumblr_inline_p9nt9ycHSn1qmc23p_500_R.jpg





はじめて見た時は非常にショッキングであり、正直少し反発も感じました。もちろん写真加工の技術の凄さにも圧倒されましたが…。




でも良く調べてみると、このサイトは単に所謂ジャケット遊びのために亡くなったミュージシャンをジャケ写から消しているのでは無く、亡くなってしまったミュージシャンを忘れないように、より思い出し易くするために、敢えてミュージシャンを消したジャケット作品を作っているという事のようです。






という事であれば…






稚拙ながら小生も作ってみました。






iandury_newbootscover2_R.jpg
Ian Dury/New Boots and Panties!!
※イアン・デュリーのこの盤を加工した作品は、はじめて「liveiseedeadpeople」を知って中身を閲覧させて頂いた時には掲載されていなかったと思いますが(見落としの可能性もあります)、現在は追加されているようですね。今回知らずに素材にしてしまいました。小生の画像をもちろん「liveiseedeadpeople」掲載の物とは別の物です。決して比べないで下さい(笑)





come_taste_the_band_R.jpg
Deep Purple/Come Taste the Band




以上2点です。






(比較用の)オリジナル盤は、敢えて載せ無い事にしました。




興味がある方は是非調べて頂ければ幸いです。




どちらも協力にお勧め出来る名盤です。






でも写真を加工している時は、やっぱり少しせつない気持ちになりました。




イアン・デュリーの事、トミー・ボーリンの事、ジョン・ロードの事、絶対に忘れませんよ。




人は何時かは亡くなってしまいますが、作品は残ります。




「良い音楽が永遠に語り継がれて行きますように…」という思いを新たにしました。






それでは




最後までご覧いただきありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

レコード・ジャケットの補修


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



新譜のアナログ盤を買うのは、年に数えるほどです。99%はセコハン盤を買っている事になりますね。当然状態の良い盤ばかりでは無いので(あまり高額なオリジナル盤は怖くて手をつけないのですが)時にはレコード・ジャケットを補修する事があります。たとえばジャケットが裂けていたり、背や底が抜けている物を木工用ボンドで治したりします。




今回は、そんなレコジャケ補修作業の中でも結構頻繁に行っている【シール剥がし】について書いてみたいと思います。しばしお付き合い下さい。






最近買ったローリング・ストーンズの「アンダーカヴァー(UK盤)」の左上に、なんかステッカーのようの物が貼られていました。


seal_hagasi1_R.jpg


誰かが剥がそうと試みた跡がありますが、途中で諦めたようですね。難敵感が漂いますが、なんとか剥がしてみようと思います。






まずは、ブログ主がレコジャケのシール剥がしに使っている物は!!!




ダイソーのシール剥がし液(税込108円)です。



seal_hagasi7_R.jpg




ただし!これを使えるレコジャケには、制限があります!



コート紙(テカテカした紙)が使われているレコジャケでしか使いません。




光沢が無くてザラザラした紙とか、和紙みたいな紙が使われているレコジャケのシール剥がしには適しません。(ていうか、そんな紙にシール貼られたらもう剥がせないのではないでしょうか?たとえばクィーンのオペラ座の夜とかにシール貼られたら、きれいに剥がすの無理そうですよね??)






ストーンズの「アンダーカヴァー(UK盤)」はコート紙っぽい紙が使われているので、ダイソー・シール剥がしで行ってみたいと思います。






溶剤を麺棒につけて、シールにしみ込ませて行きます。


seal_hagasi2_R.jpg


溶剤がつけ終わったら、少し(1~2分)放置します。






そして、このダイソー・シール剥がしに付属している、シール剥がし棒で!


seal_hagasi3_R.jpg


端からコスコスと、少しずつ剥がして行きます。


seal_hagasi4_R.jpg





剥がれにくくなってきたら、溶剤を足したりしながら…


seal_hagasi5_R.jpg







なんとか全部剥がせました!


seal_hagasi6_R.jpg





でも少し傷付けてしまいました。あと溶剤のシミが…。






そして、こちらが剥がし作業から数日経過した物です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


seal_hagasi8_R.jpg




溶剤のシミは乾いて消えましたが、傷は如何ともしがたいです。




今回は60点というところでしょうか??




ちょっと難ありの仕上がりとなってしまいましたが、シールが貼られたままよりはマシなので良しとします。






レコード・ジャケットの補修・シール剥がし編でした。






それでは、お後がよろしいようで…。

最後までfご覧いただき、ありがとうございました。







ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR