FC2ブログ

ジャパン・ヴィンテージ・ギターの写ったレコード・ジャケット


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


ヴィンテージ・ギターの世界には「ジャパン・ヴィンテージ」というカテゴリーがあります。「ジャパン・ヴィンテージ」の詳細は、wikiで参照出来るのですが…。

ジャパン・ヴィンテージwiki


ブログ主の「ジャパン・ヴィンテージ」に対する解釈は、wikiとは少し違うかも知れません。

60年代のエレキブームが終わって、所謂今でいう処のビザール・ギターは衰退しました。そして70年代になり国産のギターメーカーは、如何に外国産ギターの精巧なコピーモデルを作るか!に血道をあげるようになります。その中で大手と言われるメーカーは、独自のオリジナルモデルも発売しました。世界的には「B.C.リッチ」と「アレンビック」というスル―ネック構造を採用したメーカーが人気を得ていたため、国産メーカーのオリジナルも、スル―ネック構造採用したモデルが多かったように思います。代表的な処ではグレコのGOシリーズですね。まさに「みんなグレコで大きくなった」の時代です。ブログ主の解釈では、この時期に発売された国産ギターメーカーのオリジナル・モデルを「ジャパン・ヴィンテージ」と呼びたい。もちろん良く出来たコピー・モデルのジャパン・ヴィンテージも魅力ありますけど、とりあえず今回のエントリーでは、オリジナル・モデルに限定させて頂きました。



「ジャパン・ヴィンテージ」の全盛期に、ブログ主はギターを弾きはじめました。だから思い入れは相当あります。(でも現在では1本も所有していませんが…)




そんな思い入れの強い「ジャパン・ヴィンテージ」のギター(又はベース)が写ったレコ―ド・ジャケットを集めてみました。(前説長すぎ!ですね)







まずは文句なしに「ジャパン・ヴィンテージ」と言いきれる、70年代に発売されたギターです。




最初はこちらです。






fukusimakuniko_1st_R.jpg
福島邦子/アイム・レディ




福島邦子さんは当時ヤマハ主催のコンテスト(ポプコン)出身の人なので、ジャケでヤマハのギターを持っているのは、完全にエンドースでしょうね。【ヤマハのSC1200】当時は名うての不人気機種(笑)というイメージがあります。(私の周りで弾いており人は1人も居ませんでした。)でも今見ると良いんですよね。作り良さそうだし。思わず欲しくなる1本です。






続いてはこちら






bosanova_R.jpg
福島邦子/ボサノバ(EP)




今度はシングル盤のスリーブですが、連続で福島邦子さん登場です。只でさえ少ない「ジャパン・ヴィンテージ」の写ったレコジャケなのに、2つの作品でジャケに「ジャパン・ヴィンテージ」を使用していて下さるなんて。福島邦子さんには「ジャパン・ヴィンテージ・クィーン」の称号を送りたくなります。写っているのはヤマハのSJ500?ですかね?






次はこちらのアルバムです。






godiego_MC_R.jpg
ゴダイゴ/マジック・カプセル




嘗て大ヒット曲を連発していた頃のゴダイゴのライブ・アルバム「マジック・カプセル」です。浅野孝巳さんのGOⅢとスティーヴ・フォックスさんのGBⅡが、しっかりと写っていますね。当時はなんといっても、グレコが一番人気でした。ブログ主もGO700持ってましたし(笑)でもこのアルバムに写っているGOⅢが出る頃には、グレコ人気にも少し陰りが見えていた時期だった記憶があります。だから今中古市場で、GOⅢってレアで結構高値なんですよね。






次は王道。今でも現役バリバリの、このギターです。






takanana_suparlive_R.jpg
高中正義/スーパー・ライブ




高中正義さんといえはヤマハのSGですが、レコジャケに写っているのはこのアルバムしか探せませんでした。「ジャパン・ヴィンテージ」の中でも数少ない、今も生き残っている機種ですね。その辺りは、流石ヤマハさんといった処でしょうか。






結構必死に探したのですが、70年代に発売された「ジャパン・ヴィンテージ」が写っているレコ・ジャケは以上の4枚しか探せませんでした。※あとジューシー・フルーツの「なみだ涙のカフェテラス」にグレコのブローラーが写っていますが、ブローラーは以前のエントリーで「最期のビザール・ギター」として紹介してしまったので、今回は外させて頂きました。でもあれも紛うことなき「ジャパン・ヴィンテージ」ですけどね。








そして80年代に入ると、国産ギター界の勢力図は徐々に変わって行きます。原因はスル―ネック・ギターの衰退やフロイド・ローズの登場、フェンダー・ジャパンの設立などあると思いますが、グレコがトップを快走する時代は終わり、ESPやフェルナンデスが人気を得て来ます。その辺りに発売されたギターは、今でも現役の物が多い事もあり「ジャパン・ヴィンテージ」と呼ぶには少々抵抗があります。なので今回のエントリーでは70年代に拘ろうと思ったのですが、最後に1枚!ヤマハのSF7000という80年代の頭に出たギターが写ったアルバムがあるので、それを紹介させて頂き、今回の特集を締めたいと思います。最後はこのアルバムです。






R-9167499-1475953540-8869_R.jpg
和田アキラ/THE GUITAR






以上です。最後までご覧頂き、ありがとうございました。











ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

集めてみました!


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。


少し早い年末大掃除という訳ではないのですが、先日思い立ってエフェクターを掃除したくなり【我が家にある全てのコンパクト・エフェクター】を集めてみました。

一応
①アナログである事
②コンパクトで床置き式である事(ですのでロックマンのディスト―ションとかはラック式として除外しました)

以上2点を条件に、合致する躯体だけを撮影しました。




それがこの写真です。(ちょっとピントが甘いんですが…。ご容赦下さい)



エフェクター集合_R






全て禁煙前に購入した物だし、ボードに入れてた物にはテープ跡が残っているいたりで、なかなか綺麗にはなりませんでしたが、出来る限り掃除をしてみました。

※しかしMXRのダイナコンプとBOSSのEQ、グヤトーンのコーラスが行方不明で今回撮影出来ず。でもその3台は家の中にあある事は間違いないので、そんのうち出て来るでしょう(笑)(問題なのは)ブログ主が初めて買った歪系のエフェクターはマクソンのD&Sだった覚えがあります。あとグヤトーンのタッチ・ワウも買った覚えがあるんだけど、あれらは何処にいったんだろう???




写真に写っている中の物で一番新しいのはケンタウルスだと思いますが、それでも買ったのは約20年前の1997年。(リットー・ミュージックがCharさんのムック本を出版して、それに写っていたケンタウルスを初めてみて、御茶ノ水まで買いに行った覚えがあります)




Char_mook1_R.jpg
Charさんのムック本の表紙

Char_mook2_R.jpg
Charさんのムック本(ケンタウルスが掲載されている箇所)






一番昔に買ったのは、多分マクソンのフランジャーだと思うのですが、これは40年位前に購入した物だと思います。




maxson_Fl301広告1979_R
Player誌1979年8月号掲載のマクソンの広告。この広告を見てフランジャーを買いに行った記憶があります。




昔はそれこそ畳一畳分あるようなエフェクト・ボードを持ち歩いていましたが、最近は人前で演奏する時もケンタウルスとボスのアナログ・ディレイくらいしか使わなくなってしまいました。(他は宅録の時に要所で個別で使用しています)




それでも大好きな、愛しのコンパクト・エフェクター達です。これ以上増える事は無いかも知れませんが、これからも大切に使って行こうと気持ちも新たにしました。




最後に




ギターに興味無い人には、チンプンカンプンのエントリーになってしまったかも知れませんね。エフェクターってエレキギターの音を変える機械です。下の図のようにギターとアンプの間に繋いで使う物です。




guitar_setsumeigazou_R.jpg







それでは今回はこの辺で、最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

【ごめんなさい。また訃報です】


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。



以前「あまり訃報記事をエントリーしたくない」と書きました。今でもこの気持ちに変わりは無いのですが、今回亡くなったのが所謂裏方の人で、特に日本ではあまり知名度が高いとは言えない人だったので、敢えて取り上げさせて頂く事にしました。




音楽エンジニア+プロデューサーのジェフ・エメリックが、亡くなってしまったそうです。




Geoff_Emerick_R.jpg
ジェフ・エメリック(1946年12月5日 - 2018年10月2日)




日本ではあまり知名度が高いとは言えないなどと失礼な事を書いてしまいましたが、ザ・ビートルズのエンジニアだった人ですから、その筋ではもちろん超有名人です。そしてザ・ビートルズ以降も沢山の名作の制作に関わっていらっしゃった方です。




小生が「ジェフ・エメリック」でまず思い出す事は、彼の書いた1冊の本です。




Geoff_Emerickbook_R.jpg
ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実/ジェフ・エメリック・ハワード・マッセイ(著)




もちろんジェフの主観で書かれているのですが、それでもビートルズのレコーディング現場にいたたエンジニアだからこそ書けた未公開エピソードをが満載の名著です。(しかも翻訳は奥田祐士さんですから!)今では新品で入手するのは難しいようですが、もし機会があれば是非読んで頂きたい本です。そうえいばこの本を読んでザ・ビートルズの「ペイパーバック・ライター/レイン」のオリジナル・シングル盤を買いに行った事を思い出しました。




paperbackwriter45_R.jpg
The Beatles「Paperback writer/Rain」






ビートルズ以降に関わった作品も名作の山ですが、今パッと思い付いたのはプロデュースをしたバット・フィンガーの「ノー・ダイス」とエンジニアとして参加されたロビン・トロワ―の「ブリッジ・オブ・サイ」かな、両方とも大好きなアルバムです。




51JRmCkgXJL_R.jpg
バット・フィンガー/ノー・ダイス




robintrower_R.jpg
ロビン・トロワ―/ブリッジ・オブ・サイ







ジェフ・エメリック

また一人、歴史を作って来た偉大な職人が亡くなられてしまいました。

故人の業績に、心より感謝申し上げます。

合掌






ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

ぶっとびジャケット15


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




世の中には「エロ・ジャケ」というものがございます。




読んで字のごとく、エロい写真や絵を使ったレコード・ジャケットの事なのですが、中でもジャズ系のインスト集のブツは趣があって大変結構な物が多数ございます。。




小生は流石にそこまで守備範囲を広げる余裕は無いので、コレクションはしていないのですが、それでもネットでレコードを掘っていると目に入って来ます。




今回の【ぶっとびジャケット】は、偶然見つけた未入手・未聴のエロ・ジャケをご紹介します。






こちらです。






odasatoru_ero_R.jpg
尾田悟とブルースターズ・オーケストラ / 夢は夜ひらく-テナー・サックス ブルースを歌う-




如何でしょうか?




お尻好きをターゲットにしたのだと思いますが、ここまで来るともうエロとかを越えた迫力を感じますね。




因みにこのアルバムは未入手なため、出来るだけ綺麗に写ったジャケットの写真が欲しくて「画像検索」をしてみたのですが…。




「類似の画像」としてヒットして来たのは、下記の画でした。






b0276434_00522427_R.jpg




バターナッツというかぼちゃの一種だそうです。




人体よりも野菜に近いという事でしょうか(笑)




深いですねぇ(笑)エロ・ジャケの世界。






では今回はこの辺で…。






最後までご覧頂きありがとうございました。








ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。

【訃報です】アレサ-・フランクリンさんが…


ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。




Aretha-Franklin-ill-news-2018-1459851_R.jpg
アレサ・フランクリン(1942-2018)




8月16日、アレサ・フランクリンさんが亡くなってしまったそうです。




TwitterのTLに流れて来たニュースで知りました。




2017年の2月に、このブログで当時引退を宣言されていたアレサを支持するエントリーをあげました。

もちろん引退は寂しいけど、悲惨な最後で人生を終えた先人が多い中で、惜しまれつつ引退して余生を家族と楽しく暮らして頂けるなら、その方が何倍も良いと思えたからです。




あれからまだ1年半も経っていません。もっと余生を楽しんで頂きたかったですが…。


危篤という報道が出て、一時は回復?という情報も出たりしていたのに…本当に残念です。






ladysoul2018.jpg
アレサ・フランクリン/レディ・ソウル




思えば自分にとって初めてのサザン・ソウル、初めてのマッスル・ショウルズは、アレサの「レディ・ソウル」でした。




このアルバムのおかげで、何度も救われました、そしてこのアルバムを入口に、素晴らしいサザン・ソウルの世界を知る事が出来ました。




アレサ、本当にありがとうございました。

合掌。









ブログランキングへ登録しています。よろしければクリックをお願い致します。


出来ればこちらのクリックもお願致します。
プロフィール

average☆guy

Author:average☆guy
音楽好きな平均的な男です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR